ビットコイン自体がクラウドファンディングの性能を持つ

ビットコインは投資や決済という分野で注目されがちですが、ビットコインの持つブロックチェーンの応用方法も多く存在します。
イーサリアムと比較した場合、ビットコインはチューリング完全(応用のきくプログラミング言語を利用していない)ではない事や、ブロックチェーンに記述できるスペースの狭さによりビットコインの応用はほとんど効かないと思われます。もちろんチューリング完全を目指すイーサリアムに比べれば、ビットコインは応用範囲の狭いコードを利用しておりますが、ビットコイン自体が可能な応用範囲は実は結構あります。

その中の一つにビットコイン自体が持つクラウドファンディング機能があります。
「クラウドファンディング機能」と言っても現在行われているクラウドファンディングを完全に互換できるものではありませんが、ビットコインの機能によりクラウドファンディングの一定の補完をする事ができます。

ビットコインの送金は送信者のインプット情報(誰かへ送金する情報)に秘密鍵で電子署名する事により一つのデータが作成されます。そして受金者が持つアドレスへそのインプット情報を繋げる事で取引データは完成し、それをビットコインネットワークに送信する事で取引は完了します。

ビットコインの持つクラウドファンディング機能を利用する時は特定の受金者(資金を受け取りたい人)のアドレス宛に複数の送金者(投資をしたい人)からビットコインを受け付けます。
この時に送金者は受金者が設定した金額を超えなければ受金者は資金(ビットコイン)を受け取る事のできないようなロックをかける事や、集まらない場合は送金者へ返送される機能をインプット情報と署名に持たせる事ができるのです。そうすれば、ビットコインが募集資金に到達しなければ参加者に返金されます。まるでクラウドファンディングです。

「〇〇BTC以上集まった時にプロジェクトを開発できる」という情報を提示し、その金額に満たなかった時に返金される現在行われるクラウドファンディングと同様の事をビットコインブロックチェーン上だけで行う事ができるのです。

ここでは従来のクラウドファンディングのように手数料を取る仲介者が存在しません。
完全中央管理不在で多数の参加者から資金を集める事ができるのです。

しかし、このビットコインだけのクラウドファンディングでは資金調達後の「お返し」や募集資金以上集まった場合の資金の使途は受金者次第になります。つまりビットコインのブロックチェーンでおこなうクラウドファンディングには限界があります。しかしビットコインのこのような応用を知っていると、その他仮想通貨を理解する時の参考になります。ビットコインの応用と比較する事で今後仮想通貨はどのような社会変革をもたらすのか、その他仮想通貨の限界はどこか、考察する事ができるのです。

 

・ビットコインの売買ならFXもできるbitFlyer!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

(Visited 65 times, 1 visits today)