Astr(アスター)がビットバンクに上場!アスターの特徴と見通しを分かりやすく解説。

仮想通貨はビットコインを始め、数多くの銘柄があります。それと同じように、仮想通貨のベースの技術であるブロックチェーンも様々であり、それぞれのブロックチェーンは独立しています。

そして近年では、ブロックチェーン同士をつなげるようにするプロジェクトも登場してきました。

今回ご紹介するAstar Networkも複数のブロックチェーンをつなぐ役割を持っていて、日本人によって発足されたプロジェクトです。

この記事ではAstar Networkと仮想通貨ASTRについて解説しましょう。

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト
 

◯Astar(アスター) Networkとは


出典:Astar Network

Astar Networkとは、異なるブロックチェーン同士をつなぐ、「マルチチェーン」のサービスを提供するプロジェクトです。開発者は日本人の渡辺創太氏であり、2022年1月17日にメインネットがローンチされたばかりです。

そしてASTRとは、Astar Network上で取引される仮想通貨になります。

ここではAstar Networkの特徴を3つ解説しましょう。

特徴1.様々なブロックチェーンに接続できる

Astar Networkは様々なブロックチェーンに接続できる「マルチチェーン」になります。

PolkadotやEthereum、Cosmosなどの主要なブロックチェーンと相互にやり取り可能です。

通常であればそれぞれのブロックチェーンは独立しており、それぞれのトークンで情報をやり取りしますが、Astar Networkを使えばチェーンを跨いで情報をやり取りできるようになります。

特徴2.ステーキングで利息を獲得できる

Astar Networkではステーキングを利用できます。ステーキングとは、仮想通貨を一定期間預け入れ、利息を受け取ることです。

Astar Networkのステーキングは「dAppsステーキング」と呼ばれる独自のステーキング手法であり、利息を受け取りながら開発者の支援もできます。

特徴3.スマートコントラクトの機能がある

Astar Networkにはスマートコントラクトの機能があります。スマートコントラクトは「契約の自動化」のことであり、イーサリアムなどのようなブロックチェーンでも利用できます。

仮想通貨のやり取りだけではなく、決められたプログラムを自動的に実行するような機能が実装されているのです。

 

◯ASTRの価格をチャートで確認

それではAstar NetworkのトークンであるASTRの価格をチャートで確認しましょう。

出典:CoinMarketCap|Astar

上記の通り、Astar Networkは2022年1月に公開されたばかりです。取引が開始された直後に下落し、その後に4~5月に一度高騰しています。

4月には新規プロジェクトが設立されたり、他のプロジェクトとパートナーシップを締結したことで、価格が上がったものと考えられます。
 

◯仮想通貨ASTRはビットバンクで取引可能

これから仮想通貨ASTRの取引を考えている方は、ビットバンクの利用をお勧めします。

ビットバンクは「入金速度が速い」「レンディングを利用できる」などといった特徴がある上に、取引銘柄は18種類もあるため、ほかの仮想通貨を取引したい方にも向いています。

まだ登録していない方は、無料で口座開設してみてはいかがでしょうか。

口座開設はポイントサイトのハピタスを経由するとポイントがもらえてお得です。今ならビットバンクの口座開設で1500円もらえます(もらえる金額は変更します)。

さらに下のバナーからハピタスに無料登録すると1000円分のポイントがもらえます(もらえるポイントは変更することもあります)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

これからビットコイン・仮想通貨を始める方は、バイナンスを利用することをおすすめします。バイナンスは世界最大手で手数料は格安。取扱いコインも600以上で日本で購入できないアルトコインも取引できます。

まだ口座開設していない方は、ぜひ無料で登録してみてはいかがでしょうか。下の招待リンクから登録すると手数料が20%割引きになりお得です↓↓

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら



(Visited 221 times, 1 visits today)