アスター(ASTAR)がバイナンス上場で爆上げ!!特徴と今後の見通しは❓

仮想通貨・ブロックチェーンのサービスが世界的に広がりつつありますが、日本独自の関連サービスはまだまだ多くありません。

ところが今回ご紹介するAstar Networkは、日本人が開発したブロックチェーンです。

この記事では、Astar Networkと、その独自トークンであるASTR(アスター)について解説します。

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト


◯Astar Networkとは

 

出典:Astar Network

Astar Networkは日本人が開発したブロックチェーンで、ポルカドットを利用しているプロジェクトです。

ポルカドットは異なるブロックチェーン同士に互換性を持たせることを目的としたプロジェクトで、独自トークン「DOT」が用いられており、国内の仮想通貨取引所でも上場しています。

ポルカドットにはメインチェーンと接続した「パラチェーン」と呼ばれるチェーンがあり、それぞれのパラチェーンは独立しているため、DOTとは別のトークンを発行できます。

Astar Networkはポルカドットのパラチェーンの1つであり、そのチェーン上で発行されたのか「ASTR(アスター)」です。


◯Astar Networkの特徴

Astar Networkの特徴は下記の2点。

・DeFi、NFTに利用できる
・ステーキングが可能

それぞれ説明します。

特徴1.DeFi、NFTに利用できる

Astar Networkにはスマートコントラクトを実装できるため、DeFi(分散型金融)とNFT(非代替性トークン)を発行可能です。

DeFi、NFTとも2021年からブームとなっており、既にAstar Network上でNFTのやり取りが検討されています。

特徴2.ステーキングが可能

ブロックチェーン上にASTRをステーキングして、トークンを増やすことが可能です。ASTRをステーキングするには、Astar Networkのウェブサイトにアクセスする必要があります。

ウェブサイト上で自分がステーキングしたいプールを見つけ、申請すればステーキングが可能です。


◯ASTRの値動き

 

出典:CoinMarketCap|Astar

ASTRの取引が開始したのは2022年に入ってからであるため、まだまだ値動きは小さめです。

今後利用者の増加や取引所への上場によって、値上がりしていく可能性があります。


◯ASTRはバイナンスで利用可能

これからASTRの購入を検討している方はバイナンスがおすすめです。

バイナンスでは話題の仮想通貨に投資できるだけではなく、IEOやNFTの取引も可能。まだ登録していない方は、無料で口座開設してみることを推奨します。

下の招待リンクからバイナンスの口座開設をすると手数料が20%割引になります。これ以上お得なリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 69 times, 2 visits today)