SleeFi(スリーファイ)は稼げるの?始め方、稼ぎ方を分かりやすく解説。

「眠っているだけでお金を稼げるなんて胡散臭い…」

そのように感じる方もいるのではないでしょうか。

SleeFi(スリーファイ)はスマホの睡眠解析アプリを使いながら、仮想通貨を稼げるプロジェクトです。

2022年以降に流行している「Move to Earn」(歩いて稼ぐ)で有名な「STEPN」同様、SleeFiも「Sleep to Earn」(眠って稼ぐ)と呼ばれています。

この記事ではSleeFiの概要や始め方、効率的な稼ぎ方について解説しましょう。

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト


◯眠って稼げる?SleeFi(スリーファイ)とは?

出典:SleeFi|公式サイト

SleeFiとは、スマホで仮想通貨を稼げるアプリです。

「ベッドNFT」と呼ばれるベッドのイラストのNFTを購入した状態で睡眠解析をすれば、仮想通貨をもらえます。

もらえる仮想通貨は、睡眠の時間や質、NFTの種類によって変動します。

SleeFiは「Quest Creations Inc」というイギリス領ヴァージン諸島にある企業によって開発されました。


◯SleeFiの特徴4点

ここではSleeFiの特徴を4つ解説します。

特徴1.睡眠解析ができる

アプリ上で睡眠解析が可能です。測れる指標は睡眠時間と睡眠の質であり、どちらも高ければ受け取れるトークンの量が増えます。

特徴2.取り扱われるトークンは2種類

SleeFiで使用するトークンは、SLFTとSLGTの2種類。

SLFTはアプリ上で使用し、睡眠で獲得できるトークンです。一方でSLGTはガバナンストークンであり、意思決定に関わります。

特徴3.睡眠で仮想通貨を受け取るにはベッドNFTが必要

アプリでトークンを得るには、ベッドNFTが必要です。

ベッドNFTは睡眠の制限時間によって4種類に分けられます。

・ショート:3時間~5時間
・ミドル:4時間30分~7時間
・ロング:6時間30分~9時間
・フレキシブル:3時間~12時間

他にもベッドNFTによってそれぞれ下記のようなパラメーターがあります。

・Efficiency:得られるSLFTが変わる
・Luck:Lucky Boxを得られる確率が変わる
・Bonus:アイテム使用時の効果が変わる
・Special:得られるSLGTが変わる
・Resilience:ベッドNFTの耐久度が変わる

なお、Lucky BoxではベッドNFTのレベルアップなどのように便利なアイテムが得られます。

またベッドNFTには耐久度があり、限界が来たタイミングで使用できなくなります。

特徴4.DeFi運用が可能

獲得したトークンはDeFi運用でき、設定された利率でトークンを得られます。

睡眠によって獲得したトークンをベッドNFTのレベルアップや売却益にするだけではなく、運用でさらに増やすことが可能です。


◯SleeFiの始め方

SleeFiの始め方は下記の通りです。

1.アプリをダウンロードする
2.AvaxでNFTを購入
3.睡眠を解析
4.トークンを受け取る。

始めに公式サイトでアプリをダウンロードします。

SleeFi|公式サイト

SleeFiはAvalanche上のプロジェクトであるため、AvaxでNFTを手に入れます。


◯SleeFiを始めるにはAvaxが必要

SleeFiは2022年9月までにSLFTのローンチ、ホワイトリスト入りをし、2023年3月までにSLGTのIEO、睡眠アルゴリズムの改善などを進めていく予定です。

ロードマップ通りに進めば、トークンも普及していくと思われます。これからSleeFiを始めようと考えている方は、バイナンスでAvaxの購入をするのをおすすめします。

バイナンスでは他にも流行の仮想通貨を取り扱うため、今後SLFTなども上場する可能性があるでしょう。

まだ登録していない方は、無料で口座開設するのがおすすめです。下の招待リンクから登録すると手数料が20%割引きになりお得です↓↓

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 41 times, 4 visits today)