シンクロライフ「Eat to Earn」(食べて稼ぐ)は稼げるの❓特徴を分かりやすく解説

仮想通貨のプロジェクトは日々登場しており、2022年は「〇〇 to Earn」がトレンドとなっています。有名なのはSTEPNのような「Move to Earn」(歩いて稼ぐ)ですが、最近は「Eat to Earn」(食べて稼ぐ)も登場しました。

とはいえ、「食べるだけで仮想通貨を稼げるなんて怪しい」と感じる方もいると思います。

今回はEat to Earnの一つである「シンクロライフ」について解説しましょう。

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト


◯レビューを書いて仮想通貨を稼げる?シンクロライフについて

出典:SynchroLife

シンクロライフとは、「食べログ」のように飲食店のレビューを投稿できるSNSです。

大きな特徴は、シンクロライフでレビューを書けば、支払いの1~20%の仮想通貨や、「シンクロポイント」が還元される点。

シンクロライフの加盟店は全国で1700店舗以上あり、ユーザーはアプリ利用データによって自分の好みに近い飲食店を紹介されます。

運営会社は「株式会社GINKAN」という国内の企業であり、アプリの評判もGoogle Playで3.5、Apple Storeで4.3と評価が高めです。


◯シンクロライフは怪しい?仮想通貨を稼げる仕組み

「どうして食事をするだけで仮想通貨を稼げるの?」と疑問に感じる方もいるのではないでしょうか。

シンクロライフの仕組みは、下記の通りとなっています。

・シンクロライフはアプリ内に登録店舗を掲載し、成果報酬の5%を得る
・店舗はユーザーが書いたレビューで客を増やせる
・ユーザーはアプリを利用して仮想通貨やシンクロポイントを得られる

このようにシンクロライフの利用を通して、運営会社と登録店舗・ユーザーの3人が利益を得られるシステムとなっています。


◯仮想通貨「シンクロコイン(SYC)」とは

シンクロライフで得られるシンクロポイントは、仮想通貨シンクロコイン(SYC)と交換できる予定となっています。

交換レートは1ポイント=1SYC。

また、シンクロコインの総発行量は1億SYCとなっており、そのうちの2000万SYCがレビュー等を通して配布される分となっています。報酬として配布される量は2年毎に半分となっていくため、早く利用し始めたユーザーが多くのシンクロコインを稼げる設計です。


◯シンクロライフで仮想通貨を稼ぐには

2022年7月時点で、シンクロライフではビットコインとイーサリアム、そしてシンクロポイントを稼げます。ビットコインとイーサリアムはそのまま受け取れますが、シンクロポイントはシンクロコインと交換する必要があります。

シンクロポイントを得る方法は、

1.質の高いレビューを投稿
2.登録店舗の支払いからの還元
3.優待券購入・モバイルオーダー支払いからの還元
4.キャンペーン参加

の4つです。


◯シンクロコイン(SYC)の値動き


出典:CoinGecko|SynchroLife (SYC)

シンクロコインは2019年から取引されており、価格は0.004~0.03ドルで推移しています。


◯まとめ

今回はEat to Earnの一つであるシンクロライフについて解説しました。

稼げる仮想通貨はシンクロコイン以外にもビットコイン・イーサリアムもありますので、よく外食をする方やレビューを書くのが好きな方などは、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

これからビットコイン・仮想通貨を始める方は、みんな使っているバイナンスを利用することをおすすめします。バイナンスは世界最大手で手数料は格安。取扱いコインも600以上で日本で購入できないアルトコインも取引できます。

まだ口座開設していない方は、ぜひ無料で登録してみてはいかがでしょうか。下の招待リンクから登録すると手数料が20%割引きになりお得です↓↓

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 62 times, 1 visits today)