DMMでアバランチ(AVAX)の取扱いスタート!!アバランチの特徴を分かりやすく解説

国内取引所で取り扱える仮想通貨は少しずつ増えており、2017年の「仮想通貨元年」と比較すると、さまざまな銘柄を取引できるようになりました。

2022年9月には、DMM BitcoinでAvalanche(アバランチ)とChiliz(チリーズ)が上場する予定です。

今回は、仮想通貨アバランチについて解説します。

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト

◯Avalanche(アバランチ)とは?特徴を3つ解説

出典:AVALANCHE

アバランチは「イーサリアムキラー」と呼ばれるプロジェクトの1つで、独自のブロックチェーンを開発しています。

そこで使われるトークンは「AVAX」。

仮想通貨市場で悩まされる「スケーラビリティ問題」の解決や、幅広い場面で使用されることを目指しています。

ここではアバランチの特徴を3つ解説しましょう。

特徴1.イーサリアムのブロックチェーンとの互換性

アバランチはEVM(イーサリアム仮想マシン)と呼ばれる機能を持っており、イーサリアムのブロックチェーンと互換性を持っています。

イーサリアムはアルトコインの中で最高水準の時価総額であり、NFTやDeFiなど、さまざまな場面で使用されています。

アバランチにはEVMがあるため、イーサリアムで使用されるアプリケーションを、アバランチでも使用できるのです。

特徴2.処理速度の速さ

アバランチのトランザクション処理速度は、ビットコインやイーサリアムよりも速い特徴があります。

1秒あたりの処理速度は、ビットコインが7TPS、イーサリアムは14TPSであるのに対して、アバランチは4500TPS。

なお、クレジットカードのVISAは1700TPSであり、アバランチは大手のカード会社よりも処理速度が速いのです。

アバランチの処理速度が早い理由は「アバランチコンセンサス」と呼ばれる、独自のアルゴリズムを採用している点。

アバランチコンセンサスは一部のノードだけが承認作業を実施しており、多くのノードがチェックする必要がありません。そのため、高い処理速度を実現できるのです。

特徴3.バーンによりトークンの価値が向上

アバランチでは、利用するごとにAVAXがバーンされる仕組みになっています。

トークンがバーンされれば、需要に対する総供給量が減るため、トークンの価値が上がります。バーンによって自動的にトークン価値を高める仕組みを採用しているのです。

◯AVAXの値動き

それではAVAXの値動きをチャートで見てみましょう。

出典:CoinMarketCap|Avalanche

海外取引所で取引できるようになったのは2020年からですが、この頃の価格帯は低迷していました。

しかし2021年以降は大きく値上がりし、11月に最高値を更新します。それ以降は2022年に入ってから下落しました。

おおよそ仮想通貨市場全体と近い値動きをしていますので、再び市場が盛り上がるか、もしくはプロジェクト自体が評価されるようになれば、AVAXの価格は上がるかもしれません。

◯AVAXの購入はDMM Bitcoinがおすすめ

2022年9月21日より、DMM BitcoinではAVAXが上場され、現物・レバレッジの両方で取引可能です。

現物の最小取引単位は0.1AVAXですので、約270円で取引できます。

DMM BitcoinではAVAXを含めて現物で15銘柄も取引できる上に、入金・出金・送金時の手数料が無料ですので、低コストで利用できます。

これからAVAXを取引したい方は、ぜひDMM Bitcoinで取引するのがおすすめです。

口座開設はポイントサイトのハピタスを経由するとポイントがもらえてお得です。下のバナーからハピタスに無料登録すると1000円分のポイントがもらえます(もらえるポイントは変更することもあります)

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

これからビットコイン・仮想通貨を始める方は、バイナンスを利用することをおすすめします。バイナンスは世界最大手で手数料は格安。取扱いコインも600以上で日本で購入できないアルトコインも取引できます。

まだ口座開設していない方は、ぜひ無料で登録してみてはいかがでしょうか。下の招待リンクから登録すると手数料が20%割引きになりお得です↓↓

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 12 times, 2 visits today)