ビットコインは分裂したらその分お金をつくれるか

ビットコインが11月に分裂するという噂が絶えません。実際に分裂するかどうかは分かりませんが、分裂を計画する参加者(マイナーや事業者)は基本的に利益の為に行動します。

2017年8月1日に分裂をして誕生したビットコインキャッシュは分裂後もその技術的な問題点はあまり問題視されず、現在(2017.10.8.)1BCH当たり約4万円で取引されています。ビットコインの価格も分裂によって落ちる事なく上昇しました。

ビットコインキャッシュ(BTC/BCC)の価格推移

出所:bittrex

この事からビットコインは分裂をするたびにお金を無限に作り出せると言われますが、分裂を行えば無限にお金を創造できるのかと言えばそうではありません。理由は以下のような事が挙げられます。

1 マイニングが必要

分裂をする、という事は基本的にはビットコインとは別の仮想通貨になるという事です。ビットコインはオリジナルの仕様が「ビットコインコア」というルールブックのようなもので定められており、それに準拠する形でマイナーはマイニングしていきます。
それに対し分裂したコインはビットコインとは異なるルールの元でマイニングされる為、ビットコインとは異なるマイナーが必要になります。新たなコインをマイニングするマイナーがいなければ新たなコインはいずれ無価値になっていきます。

2 利用価値を一からつくる

分裂をした後の新たなコインにユーザー、関連事業者(ウォレット・取引所)が利用価値を見出さなくては価値が無くなっていきます。実際、世界的に有名になっているビットコインを捨ててまで新たなコインをユーザーや事業者が選ぶくらいの利用価値をつける事が出来なければ、それがお金として存在する事はありません。
ビットコインというものが存在する以上、そこから分裂した同じような仕様のコインに乗り換えてもらう事は至難の業です。ビットコインの欠点を補完しようとするコインは既に沢山存在します。(ライトコインなど)

3 結局はアルトコイン

上記に挙げたように、ビットコインから分裂したとは言え結局はアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)として存在する事になります。それは無からお金をつくり出している他のアルトコインと同様の意味を持っていて、「ビットコインの分裂が」お金をつくり出しているわけではなく、現在の仮想通貨トレンドがお金を集めているだけだと言えます。

分裂して価値が付くのは今のうちで、今後仮想通貨の利用方法が明確化されるにつれて分裂がお金を作り出す状況は無くなっていくでしょう。
 
・ビットコインの売買ならFXもできるbitFlyer!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

(Visited 96 times, 1 visits today)