ビットコインバブル崩壊後はどうなる?

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円

こんにちは。国府勇太です。

 

今週(8月13日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。

初心者の方にもわかりやすく解説していくのでよろしくお願いします。

 

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

◇ビットコイン(BTC/JPY)日足チャート

先週を一言で表すと「安値70万円ラインでの攻防」です。

 

8月6日(月)に782,630円でスタートしたビットコイン円。

先々週の流れを引き継ぎ、今週も下落しました。

 

3営業日連続で陰線をつけ、8日(水)にはとうとう70万円を割る場面があるも9日(木)には反発。

しかし上昇の勢い続かず、その後は70万円のラインをいったりきたりと安値圏の攻防を繰り返すギリギリの動きを繰り返しています。

結局12日(日)にはライン上の701,387円で週末クローズしました。

そして、今週14日(火)には655,080円まで下げるも下ヒゲのみつけてしっかり反発。

 

ここ数日のチャートの足の形から「70万円割れは割安!」と考え買い支える層が多いことがわかります。

ただ、一旦下に崩れだすと、ロング(買い)ポジションをもつ多くの人が耐えきれず手放してしまいさらに下げが加速しかねない危険な状況です。

とくに今週のような不安定な相場は「お盆相場」として日本株やFXでもよく見られます。

今週の見通し(8/13~8/19)

軟調な展開が続き、予断を許さないビットコイン円。

注目は前回(6月24日)の安値644,400円です。

このラインでサポートできるかがテクニカル的には重要です。

このラインを抜けると、次の目安は631,000円。

これは、ビットコインバブル前の2017年11月13日のレートです。

 

日本中が仮想通貨に浮足立ち、芸能人がこっそり買ったり、TVCMがバンバン流れていたビットコインブームの前に逆戻りしてしまいます。

 

去年末からの上昇劇は間違いなくバブルでした。

そして、そのバブルは終わり元通りの水準に戻ろうとしています。

 

このビットコインバブルをITバブルになぞらえて考える人が多くいます。

ITバブルは確かにはじけ、株価は一度バブル前に戻りましたが、その後ITで世界は変わりました。

「本物」の企業だけが生き残り、それらの企業はしっかり株価を伸ばし、ITバブル時につけた高値を更新し続けています。

ビットコインも同じような動きをすることが期待されています。

 

ビットコインが世界の金融のあり方を一変させ、バブルではなく次の本格的な上昇に向けた動きをする準備ととらえる人もいます。

 

ただ、その本格的上昇が起こるとしても少し先の話です。

現在は下落トレンド継続中なので、引き続きさらなる急落に警戒をしましょう。

 

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

参考:ビットコイン/円(BTC/JPY) レート&チャート

【PR】口座開設するだけでトークンがもらえるノーリスクキャンペーンをZaifが開始!

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。

また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。

これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。

投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(Visited 846 times, 2 visits today)