ネム(XEM)の特徴と将来性、ネムを買える取引所

コインチェックの盗難事件で話題になった仮想通貨ネム。今回はネムの特徴や将来性についてご紹介していきます。




ネム(XEM)の特徴

New Economy Movement(新しい経済運動)という理念をかかげて、2015年3月に公開されたアルトコインがネム(略称:XEM)です。
 
ネムはPOI(プルーフ・オブ・インポータンス)という仕組みを採用しているために特定のマイニング業者などに報酬が偏って配分されるのを防ぎ、ネムのネットワークに貢献した人には誰でも報酬が配分されるシステムとなっているのが特徴です。
 
ビットコインなどのブロックチェーン上で新たなブロックを繋げるためのキーを見つけ出し、報酬が得られるような作業をマイニングといいます。このマイニングを行うにはコンピューター上での膨大な作業と多くの電力を要することから、現実には特定のマイニング業者にマイニング報酬の配分が偏ってしまっています。
 
一方のネムの場合、このマイニングというもの自体がありません。ネムのアカウントに10,000XEM以上を保有しているユーザーならマイニングをしなくても報酬が配分されるようになっています。
 
そして、ネムの利用者から手数料を徴収し、ネムのネットワークに貢献し、同ネットワークを利用して送金する頻度が高い人にその手数料が報酬として優先配分されるようになっています。
 
ネムが標榜する富の再配分として特徴的なのが、報酬の配分割合は送金頻度で決まり、送金金額の多さではないという点です。つまり、送金金額がたとえわずかでも、送金頻度が高ければそれだけ多くの報酬が得られるようになっています。
 
さらにネムの別の特徴として挙げられるのが、セキュリティ重視のシステムとなっている点です。P2Pネットワークを運用している各ノードに悪意のあるノードが参加しづらくさせている他、アドレスなどのユーザーの重要な情報をネットワークから切り離すことで、ウォレットの安全性をプロトコルレベルで高めるマルチシグが実装されています。

ネム(XEM)の将来性や今後について

ネムは近い将来においてカタパルトと呼ばれる大幅な機能向上のための改編がおこなわれる予定である旨がすでに公表されています。このカタパルトの実装により、リップルの約4倍もの処理速度となる毎秒4,000件の処理が可能になるとされています。
 
カタパルトの実施は通貨の利用価値や通貨価値そのものを大きく高めますので、ネム急騰も大いに期待できます。

まとめ

New Economy Movement(新しい経済運動)という理念をかかげるネムは、富の平等な再配分を理想とする通貨です。現在はコインチェックのネム盗難事件の影響で価格は下落傾向ですが、近い将来において予定されているカタパルトが実装されれば、大きな上昇が期待できる通貨となりそうです。

ネムを購入するならザイフ(Zaif)がおススメです。ザイフは日本の取引所では一番ネムの売買高が多い取引所です。ザイフの口座開設はこちらからどうぞ。

仮想通貨の取引をするなら世界最大級の仮想通貨取引所、バイナンスがおススメです。バイナンスはTRX、ADA、ADX、LISKなど今話題の通貨を扱っています。バイナンスの口座開設はこちらからどうぞ。

口座開設の際はグーグルクロームなどインターネットエクスプローラー以外のブラウザを利用して下さい。インターネットエクスプローラーだと画面が正常に表示されない場合があります。

バイナンス(Binance)の公式ホームページ

バイナンスのHP

BINANCE HP

(Visited 44 times, 1 visits today)