リップル(XRP)を買うときのオススメ取引所は?


お疲れ様です。サラリーマントレーダーのJohnです。

リップル(XRP)を買う場合にオススメの取引所について紹介したいと思います。

リップル(XRP)とは?

リップルはGoogleが出資したことでも話題になったRipple Labs, INC.が開発した次世代型決済基盤ネットワークシステムを指します。

リップルはビットコインなどの根幹となるブロックチェーン技術と異なる送金システムをコンセプトに開発されました。

主な違いはリップルの持つ決済スピードにあります。

リップルはビットコイン決済に掛かる時間を短縮し、ものの数秒で送金を可能しました。

リップルは米ドルや日本円といった法定通貨(フィアット)やビットコインと交換可能なため、ブリッジ通貨としての特性を持っていますので、手に入れる場合にはゲートウェイ(販売所や取引所)を通じて入手することになります。

リップルの単位は「XRP」と表記しますので、取引所で手に入れたい場合には取り扱い仮想通貨の中にXRPがあるかどうかで探すようにしてください。

なお、XRPもビットコインと同様に上限が存在します。

XRPの発行上限は1,000億枚(※ビットコインは2,100万BTC)となっています。

※以降、XRP=リップルという名称で記載します。

リップル(XRP)の市場規模


(※Cryptocurrency Market Capitalizationsより)

仮想通貨ごとのMarketCap(時価総額)を日本円換算で表示したデータ(2017年11月初頭時点)です。

リップルの時価総額は4位と上位に位置します。

5位のライトコインの約2.5倍程度の時価総額となっていますね。

現時点ではリップルはそれだけ価値の高い仮想通貨であると市場から評価されていると言って良いでしょう。

ライトコインってなに?という方はコチラの記事も併せてご覧ください。

■参考記事:大手取引所が続々参入の仮想通貨「ライトコイン」とは

リップルの値動きは?

リップルの値動きをチャート共に振り返ってみましょう。

(※ビットバンクCC リップル/円 日足チャート)

リップル/円の日足チャートです。

リップルはここ数か月16.5円~32.5円の間を行ったり来たりするレンジ相場になっています。

そのため、直近の傾向からどの価格で売買したいかを考えた時に、シンプルに「20円以下なら買い」、「30円以上で売り」というイメージで良いのではないかと思います。

しかし、価格変動のスピードは速いため、仮想通貨の取引所は24時間365日稼働していますから、チャートを見ていない時などは売買のタイミングを逃してしまいます。

そういった売買チャンスを極力逃さないようにトレーダーが利用している機能に「指値注文」機能があります。

リップル(XRP)の取引高

リップルの取引高を世界レベルで見てみましょう。

ripple.comによると、なんと世界のXRPの取引高の約25%はbitbank、2番目がOkex、3番目がBinanceとなっています。


出所:xrpcharts

流動性が重要な仮想通貨市場において取引高の多い取引所を使うことは必須。さらにbitbankは取引手数料が無料ですからお得です。

リップル売買には指値注文利用可能な取引所がオススメ

指値注文はあらかじめ自分で買いたい価格、売りたい価格に売買注文を設定しておくことで、価格が到達した時に自動的に注文を執行してくれる注文方法です。

指値注文自体は株やFXでは一般的な注文方法であり、昨今ではどの会社でも指値注文機能は存在します。

しかし、仮想通貨取引所で指値注文を備えていない会社もあります。

そんな中でビットバンクCCはリップルも取り扱っており、指値注文機能も備わっています。

従って、例えばリップルが20円以下になったタイミングで買いの指値注文を入れておくことでチャートに張り付いていなくともリップルを安く手に入れることができる訳です。

リップルの価格がグングン上昇してレンジを上抜けしてしまってからでは遅いですから、是非いまの段階からリップルへ注目されている方はビットバンクCCの口座を開設して準備をしてみてはいかがでしょうか?

※ビットバンクCCにはコチラのバナーから無料で口座開設ができます!

※取引条件詳細はビットバンクCCのホームページをご確認ください。

以上です!

それではまた!

John

↓「ビットコイン投資」ブログランキング参加中です!1クリックご協力お願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ ビットコイン投資へ
にほんブログ村

※仮想通貨に対する投資を推奨するものではありません。投資は自己責任でお願いします。

(Visited 247 times, 1 visits today)

この記事を書いた人

Jhon
兼業仮想通貨トレーダーのjohnです。仮想通貨との最初の出会いは2013年でした。当時はBitcoinとRippleを保有していました。現在はアルトコインも含め様々な仮想通貨を保有&物色中です。仮想通貨のほかにFXや株式、投資信託なども扱っています。よろしくお願いします。