ベーカリースワップ(BAKE)の特徴・購入出来る取引所

2019年以降、仮想通貨市場ではDeFi(分散型金融)がブームになっています。

中には200%以上の高金利でステーキングできるサービスもあるのです。

そのうちの1つが、「BakeryToken(ベーカリートークン)」

この記事では、

「仮想通貨で大きな利益を狙いたい」

「DEXやイールドファーミングを利用してみたい」

という方に向けて、BakeryTokenのサービス内容や、独自トークン「BAKE」について解説します。

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト

 

●BAKE(ベイク)とは

BakeryToken(BAKE)とは、DEX(分散型取引所)のBakerySwap(ベーカリースワップ)で取り扱われるトークンです。

バイナンスのブロックチェーンであるBSC(Binance Smart Chain)の規格・BEP20に対応しているトークンになります。

 

●BakerySwapの特徴

BakerySwapは、BSC上に構築されたDEXです。

イーサリアムのUniSwapやSushiSwap同様、AMM(自動マーケットメーカ)に対応しています。

BSCを利用して構築されたAMMは、BakerySwapが初めてです。

ここではBakerySwapの特徴を解説します。

 

○特徴① 手数料が安い

 

BakerySwapは手数料が安め。

 

従来のイーサリアム上に構築されたDEXは手数料が高めです。その理由は、イーサリアムを利用したDeFi(分散型金融)サービス増加に伴い、ネットワーク利用者が増えているため。

ネットワーク利用者が増えれば、トランザクション処理を早めたい人は多くの手数料を支払います。そのためガス代の相場が上がっているのです。

一方でBakerySwapはBSCを利用しています。BSCは利用者が少なく、安い手数料で利用可能。

したがって従来のDEXよりも安く活用できます。

 

○特徴② イールドファーミングが可能

イールドファーミングとは、通貨を預け入れて利息を受け取ることです。

BakerySwapでは、独自トークンであるBAKEや特定の通貨ペアを一定期間預けて、高い利率で運用できます。

出典:BakerySwap

 

例えばGFXとBNBを預ければ約193%、そしてSACTとBAKEを預ければ200%以上の利率で運用が可能です。

 

特徴③ Combo mealsで利率を上げられる

BakerySwapには「Combo meals」というサービスがあります。

Combo mealsとは、BakerySwap上にNFT(非代替性トークン)とBAKEを同時に預けることです。

NFTとBAKEのペアを預ければ、イールドファーミングでの利率を上げられるメリットがあります。

出典:BakerySwap|Combo meals

 

Combo mealsはBasic・Regular・Luxury・Supremeの4種類。

BAKEを預ける量が増えるほど、利率を上げられるのです。

 

●BakerySwapを始めるには、バイナンスのトークンが必要

それではBakerySwapを利用するには、どうすれば良いでしょうか。

まずバイナンスで口座開設してBNBを購入し、ウェブウォレットであるメタマスクへ送金します。

BNBを購入する理由は、BakerySwapがバイナンスのブロックチェーンを使用しているため。

ブロックチェーンの利用手数料として、バイナンスの独自トークンであるBNBが必要になるのです。

メタマスクにBNBを送金出来たら、メタマスクとBakerySwapを接続しましょう。

無事に接続できれば、取引が可能になります。

これからBakerySwapで取引を考えている方は、まずバイナンスでBNBを手に入れましょう。

下のリンクからバイナンスに登録すると手数料が20%割引になります。これ以上お得なリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 432 times, 5 visits today)