MOVEZ(ムーブゼット)、第二のSTEPN銘柄。特徴と今後の見通しは?

STEPN(ステップン)を始めとして、2022年以降は「Move To Earn」(歩いて稼ぐ)のプロジェクトが流行しています。

Move To Earnのプロジェクトでは、スマホアプリをダウンロードした状態で歩き、仮想通貨を稼げる仕組みです。

それまでに流行していた「Play To Earn」のように、Move To Earnも大きなブームとなりました。今回はそのうちの一つである「MoveZ」について解説しましょう。

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト


◯Bluezillaが出資するMove To Earn「MoveZ」とは

MoveZはMove To Earnのプロジェクトの一つであり、専用のスマホアプリをダウンロードして歩けば、ゲーム内通貨を稼ぐことができます。

仮想通貨のベンチャーキャピタルとして有名な「Bluezilla」も出資しているプロジェクトであり、リリース前から注目されています。

2022年6月9日時点ではまだリリースされておらず、今後アプリのダウンロードが可能となる予定です。こちらがMoveZのロードマップとなります。

○MoveZの特徴3点

MoveZの特徴は下記の3点です。

・デュアルトークンを採用
・NFTを持たなくても良い
・歩く以外の動作でも稼げる

それぞれ詳しく解説します。

特徴1.歩く以外の動作でも稼げる

MoveZはジョギング、ウォーキング、ランニング以外でも、

・水泳
・ハイキング
・サーフィン
・トレーニング

などでもゲーム内通貨を稼げる特徴があります。そのため、従来のMove To Earnよりも稼ぎやすくなるケースもあるでしょう。

特徴2.デュアルトークンを採用

MoveZではプロジェクト内で2つの仮想通貨を利用する「デュアルトークン」を採用しています。

アプリ内で使われるユーティリティトークンが「BURNZ」であり、ガバナンストークンとして使われるのが「MOVEZ」です。

特徴3.NFTを持たなくても良い

出典:MoveZ

NFTを持たなくても歩いて仮想通貨を稼げます。STEPNのような従来のMove To Earnでは、専用のスニーカーNFTを購入しなければ、歩いて仮想通貨を得られません。

しかしMoveZではNFTを持つ必要がないのです。

なお、NFTはレンディング(貸出)やフラクショナル(分割)が可能で、フラクショナルNFTは他のユーザーと取引したり、レンディングしたりできます。


◯バイビットでMOVEZのスポット取引が可能

海外の仮想通貨取引所バイビットでは、6月10日からMOVEZのスポット取引が可能です。上記の通りMoveZはまだリリースされておらず、5月24日にIDOを実施して資金調達したばかりです。

ほとんどの取引所で上場されていませんが、バイビットなら取引可能ですので、まだ登録していない方は口座開設をしてみてはいかがでしょうか。バイビットは様々な仮想通貨を取引できるだけではなく、レバレッジ最大100倍で取引可能です。

まだ登録していない方は、ぜひ口座開設するのをおすすめします。こちらからバイビットに登録すると最大500ドルのボーナスがもらえます。

エアドロ メアド登録で毎日10FATもらえる

【PR】500ドルゲットはこちらから

(Visited 73 times, 1 visits today)