YEN蔵のビットコイン(BTC/JPY)チャート分析 8月24日

8月22日、ビットコインは一時768000円まで急騰しました。

仮想通貨取引所ビットメックス(BitMex)がメインテナンスにだった時間に合わせての急騰だったので、いろいろな思惑が飛び交いました。

77万円付近は8月8日に下抜けするまでサポートされていたところなので、前回のサポートレベルがレジスタンスとして機能しました。

23日の早朝にはSEC(米証券取引委員会)が3社から提出されていた9種類のビットコインETF(上場投資信託)の申請を非許可としたことで、ビットコインは急落。一時695000円まで下落しました。

14日に655000円まで下落後は68万円付近がサポートになっており、68万円が短期的なサポートとして機能しています。

短期的にはボリンジャー・バンドの中心線の72万円付近がサポートされています。

この2週間のレンジである655000~768000円のレンジ相場がまだ継続していくと思われます。

短期的には、23日の下落の窓を埋めながら窓の下限の738000円付近が抜けられるかどうかがポイントになりそうです。

ビットコイン(BTC/JPY)1時間足チャート

出所:bitFlyer

参考:ビットコイン/円(BTC/JPY) レート&チャート

【大注目!】仮想通貨交換業者ビットポイント(BITPOINT)がイメージキャラクターとしてサッカー選手の本田圭佑氏を起用!

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

 

(Visited 518 times, 2 visits today)

この記事を書いた人

YEN蔵
YEN蔵株式会社ADVANCE 代表取締役
米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。
その後、独立し現在は投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。
為替を中心に株式、債券、商品と幅広くマーケットをカバーして分かりやすい解説を行う。