ポルカドット(DOT)の特徴・購入出来る取引所

2021年2月現在、仮想通貨の時価総額ランキングは、1位ビットコイン(BTC)、2位イーサリアム(ETH)、そして3位がUSDTとなっています。

そして最近ランキング4位に食い込んできた銘柄が、ポルカドット(DOT)です。

このDOTという銘柄は、2020年8月に設立されたばかりのプロジェクトであり、複数のブロックチェーンを繋げることを目的としています。

そこで今回は、ポルカドットの概要や、ドットの値動きについて解説します。

 

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト

 

〇ポルカドット(Polkadot)とは

 

ポルカドットとは、Web3 Foundationという財団が始めたブロックチェーンのプロジェクトです。このプロジェクトには、イーサリアムの共同開発者であるギャビン・ウッド氏も協力しています。

そしてポルカドットで取り扱われるトークンが「ドット(Dot)」です。

ポルカドットの目的は、異なるブロックチェーン同士を繋げることです。例えばビットコインやイーサリアムは同じ仮想通貨ですが、別々のブロックチェーン上でやり取りされています。そのため両者に互換性はありません。

しかしポルカドットを活用すれば、別々のブロックチェーンを繋げられるのです。

ポルカドットのコアとなる技術は、下記の3つ。

・パラチェーン
・リレーチェーン
・ブリッジ

「パラチェーン」は異なるブロックチェーン同士を繋げます。しかしブロックチェーンによっては、承認アルゴリズムに違いがあるでしょう。その違いを克服するために利用するのが「ブリッジ」です。

そしてパラチェーンは、ブリッジを仲介して「リレーチェーン」に繋げられます。リレーチェーンはポルカドットのブロックチェーンのメインです。

〇ポルカドットを活用すればビットコインでDeFi市場に参加できる? 

 

ポルカドットの実用例で最も有名なのは、「PolkaBTC」でしょう。PolkaBTCは、ポルカドットとビットコインのブロックチェーンを繋げることを目的としています。

PolkaBTCのローンチが決定した理由は、2019年から始まったDeFiブームにあります。DeFiでは主にイーサリアムのブロックチェーンを利用しているため、ビットコインは関係ありませんでした。そこでビットコインを保有している人でもDeFi市場に参加できるようにするために、今回PolkaBTCの発行を目指しているのです。

なお、2021年第一四半期には、ビットコインのパラチェーンがローンチされる予定となっています。

〇ドットは約半年で10倍もの値上がりを見せた 

 

ポルカドットのトークンであるドットは、2020年8月に上場されました。上場直後の価格は約2ドル。2021年2月現在、ドットの価格は約20ドルです。

上場から約半年で10倍近くの値上がりを見せ、仮想通貨の時価総額ランキングでは、リップルやカルダノを抜いて4位となっています。

PolkaBTCを始めとして、今後様々なブロックチェーン同士が繋がっていけば、さらに値上がりするかもしれません。

〇人気高騰中のドットはバイナンスで取引可能

 

現在、値上がりし続けているポルカドットのトークン・ドットは、バイナンスで取引可能です。

バイナンスでは、多くの銘柄を取引できるだけではなく、DeFiのサービスも利用できます。今後、DeFiブームに乗りたいと考えている方は、ぜひバイナンスで口座開設してみてはいかがでしょうか。

バイナンス(BINANCE)は世界最大級の取引所です。取扱い銘柄数も180以上で、日本では売買出来ない草コインも多数扱っています。もちろん販売所形式ではなく取引所形式なので指値注文が可能で、手数料も格安です。

さらにバイナンスは価格数倍の爆益が狙えるIEOや、特定の通貨を預けるだけで新規上場のコインがタダでもらえるローンチプールなど、様々なサービスを提供しています。これを機に、ぜひバイナンスの口座開設してみてはいかがでしょうか。

下のリンクからバイナンスに登録すると手数料が20%割引になります。これ以上お得なリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 186 times, 1 visits today)