ネオ(NEO)の特徴と将来性、ネオ(NEO)を扱っている取引所

中国版イーサリアムと呼ばれているネオ(NEO)は、様々なアルトコインの高い技術や利便性を兼ね備え、まさにそれらの長所をいいとこ取りしたような仮想通貨です。今回はネオの特徴や将来性についてご紹介します。

ネオ(NEO)の特徴

ネオは2017年6月にそれまで「アントシェアーズ(AntShares)」という名称から改名する形により中国で誕生した仮想通貨です。

ネオはイーサリアム(ETH)と同様にスマートコントラクトを用いており、予め取引条件や契約内容を定め、その条件に合致したイベントが発生する都度、自動で契約から決済までが行われるような仕組みを持っています。つまり、全ての契約に関する行為を自動化出来る技術が採用されています。

ネオの大きな特長の一つとして様々な機能を実装できるプラットフォームが使われている点が挙げられます。その機能として挙げられるのは、上述のスマートコントラクトの他、ソーシャルネットワーキング、未来予測市場、データ交換市場、知的財産取引市場、広告市場、分散型取引所、自動トークンプロバイダなどがあります。

これらの機能はすでに他のアルトコインでも採用されている機能ですが、ネオは一つの通貨で全ての機能を実装することが可能なポテンシャルの高い通貨なのです。この機能の中では、例えば、サッカーの優勝チームなどといった未来を予測して、その予測に対して賭けをおこない、予測が的中した人に報酬が支払われる仕組みを持つものにAUGUR(オーガー)という仮想通貨があります。

ネオの別の特長としては、ブロック承認にDBFTという独自のアルゴリズムを採用している点も挙げられます。ネオの保有者は投票により、複数の帳簿係を選び、その帳簿係がこのアルゴリズムを通じて新たなブロックを生成するたびにネオガスと呼ばれるマイニング報酬を受け取ることができるような仕組みを用いています。

このDBFT採用により、ネオは毎秒1,000回分の取引履歴についてその妥当性や不正の有無を判断でき、ビットコインなどと比較して処理スピードの速さが際立っています。

さらにネオは世界中のITエンジニアなどが容易に開発できるように様々な開発言語を採用しています。例えば、JavaスクリプトやC++、Pythonなどこれまでのソフトウェア開発において広く利用されてきたプログラミング言語による開発を可能としています。これにより、ネオは世界各国で機能や内容面での開発やそのアップデートも容易なものとなっています。

ネオ(NEO)の将来性や今後について

ネオを取引する場合の注意点や潜在的リスクとしては、やはり中国発の仮想通貨なために中国政府が発する仮想通貨への規制が挙げられます。実際に中国の金融当局が2017年9月4日に仮想通貨を通じた資金調達であるICO(イニシャル・コイン・オファリング)を全面禁止にした際にはネオの価格も大きく下落しました。

ただし、その一方でこれら一連の規制は詐欺ICOへの取り締まりを主眼としてものであり、ネオを含めた仮想通貨の持つ可能性やブロックチェーン技術自体を否定するものではないとされています。

ネオを取引する際には中国当局の仮想通貨がらみのファンダメンタルズやそれに伴って発生する突発的なボラティリティ・リスクには十分に注意する必要はあります。しかし大きく下げた局面では底値かどうかを冷静に見極め、中長期目線での保有を前提とした買いのチャンスと捉えて取引するのもありではないでしょうか。

まとめ

中国版イーサリアムと言われ、様々なメリットを持つネオですが、現在のところ、日本国内の仮想通貨取引所では購入できません。

従って海外の取引所で取引することになりますが、日本語サポートのある取引所はBinance(バイナンス)のみとなっています。日本国内の取引所でビットコインやイーサリアムを購入し、バイナンスへ送金することでネオを購入することができます。興味のある方はネットでバイナンスのホームページをチェックしてみましょう。

ネオを購入するなら世界最大級の仮想通貨取引所、バイナンスがおススメです。バイナンスはネオ以外にもTRX、ADA、ADXなど今話題の通貨を扱っています。バイナンスの口座開設はこちらからどうぞ。

口座開設の際はグーグルクロームなどインターネットエクスプローラー以外のブラウザを利用して下さい。インターネットエクスプローラーだと画面が正常に表示されない場合があります。

バイナンス(Binance)の公式ホームページ

バイナンスのHP

BINANCE HP

(Visited 20 times, 1 visits today)