リスク(LISK)をバイナンスで預ける利息がもらえる!!

仮想通貨リスク(LISK)は、国内の取引所で購入できる銘柄です。またメジャーな銘柄でもあるため、名前を知っている人は多いでしょう。

海外取引所のバイナンスではリスクのステーキングを利用でき、一定期間預け入れれば利息を受け取れます。

この記事では、リスクの基本的な内容とステーキングについて解説します。併せてバイナンスでリスクのステーキングを始める方法もお伝えしましょう。

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト

 

●バイナンスでリスクのステーキングが開始される


2月26日、海外取引所バイナンスでリスクのステーキングが開始されました。

バイナンスは最初のステーキング期間を3月31日までとしており、毎月20日前にステーキング参加者に対して報酬を出す予定です。

なお、ステーキングの資格を得るには、最低1LSKを保有している必要があります。

ステーキングとは、仮想通貨を預け入れることで報酬を受け取れる仕組みのこと。受け取れる報酬は、預け入れた銘柄です。

ステーキングのメリットは、仮想通貨を預けるだけで資産が増える点。一方で一定期間預け入れるため、すぐに手元に戻せないデメリットに注意しましょう。

銘柄によって、ステーキングに必要な枚数や期間、そして利率が異なります。

●リスク(LISK)とは?

リスク(LISK)とは、分散型アプリケーション開発のプラットフォームです。使用される仮想通貨はLSKであり、こちらも「リスク」と読みます。

リスクの特徴は、大きく分けて3点です。

1つ目は、承認アルゴリズムにDPosを採用している点。DPosとは「デリゲーテッド・プルーフオブステーク」のことであり、PoS(プルーフオブステーク)とは異なります。

DPosでブロック生成権を得られるのは、より多くの仮想通貨を保有している人物。この点はPoSと同じです。PoSとの違いは、ブロック生成権を持つ人物を投票で決める点にあります。

2つ目は、プログラミング言語のJavaScriptを使用している点です。

JavaScriptはメジャーな言語なので、多くの人がリスクの開発に関われます。

3つ目は、サイドチェーンを活用している点です。

サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンとは別のチェーンを指します。サイドチェーンを利用すれば、仮想通貨のスケーラビリティの問題やセキュリティ面の向上に繋がるのです。

●リスクの値動きについて

 

出典:みんなの仮想通貨 |リスク/円

リスクは2017~2018年に大きく値上がりし、一時5000円近くまで上昇しました。その後は値下がりし、50~350円ほどのレンジで推移しています。他の銘柄同様、値動きは荒い特徴があります。

●リスクのステーキングをバイナンスで行うには

バイナンスでリスクのステーキングをするには、始めにバイナンスの口座を開設する必要があります。

バイナンスでは、リスク以外にも様々な銘柄をステーキングできます。また、話題の仮想通貨や草コインなど、数多くの銘柄が上場されている強みがあるのです。

口座開設が完了したら、資金を入金してリスクを購入しましょう。もしくは、別の取引所でリスクを購入し、バイナンスに送金する方法もあります。

リスクをバイナンスの口座に入れたら、ステーキングの準備完了です。リスクを預け入れたら、あとは一定期間待つだけで、報酬を受け取れます。

ぜひお試しください。

バイナンスはリスク以外にも多くの銘柄をステーキングできますし、話題の銘柄や草コインを取り扱っている取引所です。今後仮想通貨投資を考えている人は、ぜひバイナンスで口座開設するのをオススメします。

下のリンクからバイナンスに登録すると手数料が20%割引になります。これ以上お得なリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 126 times, 1 visits today)