IOSTを預けると最大54%の利息がもらえる!!

2021年1月28日、仮想通貨取引所バイナンスで「IOST」のステーキングが開始されました。ステーキングとは、満期までに一定量の仮想通貨を預け入れ、利息を受け取る方法です。

この記事では、IOSTのステーキングで得られる報酬額や、IOSTについて解説します。

 

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト

 

〇バイナンスのIOSTのステーキングでは最大利息54.49%!

バイナンスでは、IOSTをステーキングした量に応じて、利息を受け取れます。

 

出典:BINANCE|バイナンスステーキングが最大54.49%のAPYでIOSTステーキングを開始へ

利息の支払いは毎日。満期は15日・30日・60日・90日から選択でき、それぞれ標準利息と最大・最小ステーキング量が決まっています。

例えばこれから15日間、3万IOSTをステーキングするとしましょう。

IOSTは4.64円(2021年2月26日時点)であるため、3万IOSTの取得価格は139,200円。そして15日間のステーキングによる標準利息は54.49%です。そのため、満期には215,050円分のIOSTが返還されます。

15日で50%を超える利息は、とても良い条件でしょう。ただし仮想通貨は値動きが荒く、元本割れする可能性があります。

また、ステーキング中に日本円に戻したいと思っても、すぐには換金できない点にご注意ください。

 

〇仮想通貨IOSTとは

仮想通貨IOSTは、現在DeFi関連銘柄として注目され始めている銘柄の1つです。

IOSTの特徴は、「シャーディング機能」と「PoB」にあります。

まず「シャーディング機能」とは、トランザクションの処理をメインチェーンで行わず、複数のサイドチェーンで行うシステムです。シャーディング機能により、トランザクション処理のスピードが上がり、スケーラビリティの問題を解消します。

次に「PoB(Proof of Believability)」とは、IOSTが採用しているブロックチェーン承認アルゴリズムです。PoBでは、ブロック生成の権利を獲得するために、独特の基準を設けています。

PoBの基準は通貨の保有量だけではなく、コミュニティに対する貢献度や他の参加者からの評価の高さです。

 

〇2021年より再びIOSTは高騰

 

出典:coinmarketcap|IOST

2018年、IOSTの価格は大きく値動きしており、2~12円のレンジで乱高下していました。

2021年に入ると再び値上がりし、2月には約7円まで高騰しています。

今後DeFi市場がさらに活発したり、多くの取引所で取り扱われれば、さらに値上がりするかもしれません。

 

バイナンスで口座開設すればIOSTのステーキングが可能

バイナンスの口座開設を持っていれば、IOSTをステーキングできます。

バイナンスはIOST以外にも多くの銘柄をステーキングできますし、話題の銘柄や草コインを取り扱っている取引所です。今後仮想通貨投資を考えている人は、ぜひバイナンスで口座開設するのをオススメします。

下のリンクからバイナンスに登録すると手数料が20%割引になります。これ以上お得なリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 265 times, 4 visits today)