FTXの分散型取引所「Serum(SRM)」とは

こんにちは、ライターのムルソーです。

皆さんは分散型取引所(DEX)って利用していますか?
DEXは手数料が高め、処理速度が遅めであることから利用を見送っている人も多いかと思います。

しかし、そんなDEXの課題を解決しようとしているのが、FTX(エフティーエックス)が立ち上げた「Serum」です。

この記事ではSerumの概要やSRMトークンなどについて解説します。

 

【PR】FTXの口座開設。手数料5%割引になります

 
FTXが新たに開設したSerumとは何か?
 

2020年8月末、仮想通貨デリバティブ取引所のFTXは、新たなDEXであるSerumを開設しました。

そもそもDEXとは、取引所が仲介することなくトレーダー同士をP2Pで繋げる取引所のことです。これによりDEXでは、トレーダーの資産を保管する必要がないため、ハッキングの被害を受けるリスクを軽減できます。

ただし各トレーダーは、自分のウォレットを使用するので、秘密鍵を自分で管理しなくてはなりません。

そしてSerumとは、Solanaブロックチェーンを活用したDEXです。

SerumではBTC/USDT・ETH/USDT・SRM/USDT・MSRM/USDT・BTC/USDC・ETH/USDC・SRM/USDC・MSRM/USDCの通貨ペアがあります。

またSerumを利用するには手数料を支払う必要があり、手数料は独自トークンであるSRMで支払います。

 
従来のDEXにおける課題解決を目指す
 

従来のDEXは、ほとんどがEthereum上で作られていました。ですがEthereumには処理速度の遅延や取引コストの高さが問題視されていたのです。

そこでSerumはSolanaブロックチェーンを使用し、この問題点の解決を試みています。

Solanaはスケーラビリティの高さが売りであるブロックチェーンです。Ethereumの処理速度は1秒間に約15トランザクションですが、Solanaは5万トランザクション。

大きな差ですね。

Solanaではこうした高速処理と手数料の安さが強みであるため、今後期待できるDEXと言えるでしょう。

 
Serumの独自トークン「SRM」はバーンにより価値を上げている
 
Serumで手数料の支払いに使用される独自トークン・SRMは、発行上限が100億です。手数料として支払われたSRMはバーンされ、供給量が減れば価値は上がります。

このように需給のバランスを取りつつ、SRM保有者に価値を提供できるシステムが採用されています。

 
エアドロップに参加してSRMをもらおう
 
SRMトークンはエアドロップで手に入ります。FTXでは、取引所トークンであるFTTを500FTT保有していれば、エアドロップに参加可能です。

SRMは総供給量のうち5%をFTT保有者に少しずつ分散させる予定であり、FTXはウェブサイトで「毎週500FTTのロック解除ごとに3ロック(1~7年)のSRMがエアドロップされ、ユーザー上限なしで受け取れる」と発表しています。

SRMトークンのエアドロップに参加するにはFTXの口座開設をし、FTTトークンを手に入れるのが良さそうです。

FTXはトランプトークンやレバレッジトークンなどユニークな金融商品や独自のデリバティブ商品を豊富に扱っている取引所です。こちらから登録すると手数料が5%オフになります。

FTXの口座開設。手数料5%割引になります

(Visited 511 times, 9 visits today)