Fitfi(フィットファイ)、第二のSTEPN銘柄。特徴と今後の見通しは?

2022年以降の仮想通貨市場のバズワードの一つは「move to earn」(歩いて稼ぐ)であると言われており、STEPN(ステップン)がブームとなっています。

現在STEPNのトークンは値上がりし、スニーカーNFTの購入金額も上昇中です。

今回ご紹介する「Step App(ステップアップ)」もmove to earnの銘柄の1つであり、今後のリリースが期待されています。

この記事ではStep Appとガバナンストークンである「Fitfi(フィットファイ)」について解説しましょう。

【PR】Step Appの$FATがエアドロ実施中。メアド登録だけで毎日10FAT無料でもらえます↓↓

メアド登録で毎日10FATもらえる

◯歩いて稼ぐ「Step App(ステップアップ)」とは

出典:Step App

Step App(ステップアップ)とは2022年以降の仮想通貨市場のトレンドの1つである「move to earn」(歩いて稼ぐ)関連のプロジェクトです。

それ以前まではAxie Infinityのようにゲームをプレイしながら仮想通貨を手に入れられる「play to earn」(遊んで稼ぐ)が流行していました。

2022年以降は、特定のアプリとNFTを使用し、歩くだけで仮想通貨を稼げる仕組みが流行り始めています。

特徴1.アプリを入れて歩くだけで稼げる

Step Appで稼ぐには、特定のアプリをスマホにダウンロードし、専用のNFTを購入する必要があります。

アプリは位置情報を利用し、ユーザーがどれだけ歩いたのかを測定し、移動距離に応じて仮想通貨を稼げる仕組みとなっています。

Step Appはまだリリース前ですので、具体的なNFTの価格や詳しいアプリの情報は公開されていません。

特徴2.プレイヤー同士で戦える

Step Appならではの特徴として、プレイヤー同士で戦える点があります。競争にStep Appのトークンを賭けたり、トーナメントゲームに参加したりして、トークンを稼げるようになる予定です。

特徴3.2つのトークンを使用

ゲーム内トークンであるKCALと、ガバナンストークンであるFitfi(フィットファイ)が利用されます。NFTの購入にはKCAL、そしてプロジェクトの意思決定への参加にはFitfiが用いられる予定です。

Step Appのロードマップ

Step Appは現在ローンチ前です。β版やメインネットの公開はこれからであり、ガバナンストークンであるFitfiが取引されている状態となっています。

今後のロードマップは下記の通りです。

2022年第1四半期:製品仕様とロードマップの確立 UI UXの作成
2022年第2四半期 GenesisNFTのβ版リリース
2022年第3四半期 メインネットローンチNFTマーケットローンチ
2022年第4四半期IPとブランドパートナーシップストアの統合


◯Fitfi(フィットファイ)の値動き

出典:CoinMarketCap|Step App

Fitfiは2022年4月末に取引が開始されています。取引が開始してから大きく値動きした後、大きく下落しました。

ただ具体的なサービスがまだほとんど出ていないため、今後ロードマップ通りに進めば値上がりする可能性もあるでしょう。


◯Fitfiはバイビットで取引可能

ガバナンストークンのFitfiは現在海外取引所のバイビットで取引できます。

2022年はmove to earnが流行し、今後も関連する銘柄が登場するでしょう。本格的にStep Appがローンチされた後は、値上がりも期待できます。

まだバイナンスにも上場されていない銘柄ですので、これから投資を検討している方は、ぜひバイビットで取引してみてはいかがでしょうか。バイビットは様々な仮想通貨を取引できるだけではなく、レバレッジ最大100倍で取引可能です。

まだ登録していない方は、ぜひ口座開設するのをおすすめします。こちらからバイビットに登録すると最大500ドルのボーナスがもらえます。

メアド登録で毎日10FATもらえる

【PR】500ドルゲットはこちらから

(Visited 48 times, 1 visits today)