BCH問題がトリガー!?とうとう40万円台まで急落

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円

こんにちは。国府勇太です。

今週(11月19日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。
初心者の方にもわかりやすく解説していくのでよろしくお願いします。

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

◇ビットコイン(BTC/JPY)日足チャート

先週を一言で表すと「パニックで下落が止まらない!」です。

12日(月)に722,781円でスタートしたビットコイン円。この日は動きなく、翌日も大きな動きはありませんでした。

しかし、14日(水)には相場が急変。ビットコイン円は急落し、60万円ちょうどのレベルまでタッチ。
その後、65万円まで反発するも15日(木)に続落し60万円を割る展開に。

週末は比較的落ち着きを見せ18日(日)には628,964円でクローズしました。

そして、今週はさらにマーケットの動きが加速しています。

19日(月)には大きな陰線をつけ60万円はおろか55万円を割る大暴落。
20(火)も続落で安値461,100円をつけています。

原因は、主にはビットコインキャッシュ(BCH)を巡る混乱です。

ビットコインから分裂(ハードフォーク)したビットコインキャッシュ(BCH)がさらに分裂することを受けて投資家から嫌気(いやき)され、それがトリガーとしてビットコイン円がパニック相場に近い状況となっています。さらに、ビットコインのコミュニティを巡る混乱も下落の後押しをする材料となっています。

今回のこのBCHショック、まだまだ余波に警戒が必要です。

今週の見通し(11/20~11/26)

RSI(アールエスアイ)をプロットしてみましょう。

RSIは、「相対力指数(=Relative Strength Index)」といわれ、上昇した日の上げ幅の合計と下落した日の下げ幅の合計とを比較し、相対的な相場の強弱を測ります。

要は、ビットコインの「売られすぎ」、「買われすぎ」を見る指標です。

一般に30%以下が「売られすぎ」、70%以上が「買われすぎ」と言われています。

現在、RSIはとうとう15%台となっています。
「売られすぎ」の水準である30%を大きく下回っています。

今回のBCHショックは今年一番の大相場となっています。

行き過ぎた相場は戻ることが多いです。
そして行き過ぎた分、反発も大きいです。

スイングトレードの場合、50万円を割れているポイントで、時間差でポジションを分割してロングでのエントリーを推奨します。

ここまでボラティリティの高い展開はリスクも大きくなりますが、リターンも大きくなるポイントです。
周りがパニックになっているときほど、利益を得るチャンスがあります。

冷静に淡々とトレードをしましょう。
ただ、欲張らずしっかり反発したら利食いを早めにするのがいいでしょう。

ポジションの一部を利食い、一部をしっかり伸ばしていくという戦略も有効です(さらに押し目をつけたら、再びポジションを増していくという戦略もこういった場面では有効です)。

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

参考:ビットコイン/円(BTC/JPY) レート&チャート

【PR】口座開設するだけでトークンがもらえるノーリスクキャンペーンをZaifが開始!

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。
また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。
これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。
投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(Visited 49 times, 1 visits today)

この記事を書いた人

国府勇太
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。