米中貿易戦争で資産の逃避先はビットコインになるのか?

Hip-Hop育ちのフミ丸と、美人トレーダー金ちゃんの仮想通貨動画、フミ金トレードバトルがスタートしました。

 

みなさんこんにちは!
ラーメンばっか食べてる金ちゃんです…
そろそろお腹がやばいです
筋トレしなきゃ…❗️

先月暴騰したビットコイン。
その背景にあるのは世界が無視できない
中国の習近平国家主席のある発言でした。
今回はアメリカと中国、この貿易戦争に
よるビットコインに行く末に迫ってまいりたいと思います!

習近平はブロックチェーンを後押しする⁉️

先月2019年10月24日に、中共中央政治局会議で「ブロックチェーンを国家戦略として取り込め。我が国は、この新興領域で理論の最前線を行き、トップランナーとして世界の動向の主導権を握らなければならない。」と発言しました。
これによりビットコインは現物価格80万〜82万円を推移していましたが2日後の26日に大暴騰‼️半日で35%もの上昇をし、これは2017年のバブル期以来、3度目の上昇率となりました

 

中国はビットコインをどうするのか

中国共産党中央委員会の広報部は、一般の人々を対象としたビットコイン及びブロックチェーン技術に関する教育動画をリリースした。

動画はこちら:中国が教えるブロックチェーンやビットコインとは

習近平国家主席によるブロックチェーン技術を本格導入するという正式な発表に続き、ますますビットコインやブロックチェーンに関する取り組みを加速させている。 

一連の教育動画は、専門的な知識を既に熟知している人向けの高難度のシリーズに加え、完全な初心者を対象とした易しいシリーズも用意されている。

最も驚くべき点は、これまでビットコインなどの仮想通貨取引やマイニングを全面禁止してきた中国が、国をあげてビットコインやイーサリアムに関する内容も提供した点だ。 

これは、中国政府が国家主導の計画のために仮想通貨を活用することを容認していることを意味しており、中国のこういった仮想通貨への積極的な対応が続けば、ビットコイン市場にも好影響を及ぼす可能性が高い

ビットコインやブロックチェーン技術に関する活動を、ここ最近活発に行う中国からは、ブロックチェーン技術の世界的リーダーとしての地位を確立する意図がみてとれる。

人口14億人を抱える大国でビットコイン取引が活発に行われるようになれば、間違いなく世界的なビットコインの需要は高まりそうね

デジタル通貨を作る中国

リブラをきっかけに一気に計画が具現化

中国政府が独自のデジタル通貨を発行することがほぼ確実となってきました

中国は2014年からデジタル通貨について検討を続けてきましたが、しばらくの間、状況は不明のまま。しかし今年8月に中国の中央銀行関係者が「(デジタル通貨について)発行準備が整った
と発言、一部では11月にも発行が開始されるとの報道も出ています。中国政府が正式に発表したわけではないですが、中国がデジタル通貨の運用に乗り出す可能性はかなり高まったとみてよさそう。

デジタル人民元の詳細は明らかではないが、匿名性があり、自由に送金できる仕様になっているとの見方が大筋。使えるプラットフォームが限定され、個人の銀行預金と紐付けられている既存の電子マネーとは根本的に異なる存在であり、流通している現金通貨と置き換えることを目的とした、本格的なデジタル通貨と考えられる。

5年間も検討を続けていたにもかかわらず、ここに来て計画が一気に具現化してきたのは、米フェイスブックが「リブラ」の発行計画を発表したことと無関係ではなさそうね☝️

 

世界を制する通貨は一体なんなのか

これまで規模の小さい途上国は、ドル覇権の下にぶらさがる形でしか通貨システムを構築できなかった。内戦が続き国土が荒廃したカンボジアの金融システムはドルと現地通貨の二本立てとなっている。現在、カンボジアはめざましい経済発展を遂げているが、これはカンボジアがドル経済圏であることと無縁ではない☝️

:カンボジアGDP向上の理由はこの記事をチェック

中国はカンボジアを中国経済圏に引き入れようと、莫大な資金を投下しているけど、企業における決済や預金、投資がドルになっている以上、中国もそのルールに従わざるを得ない。通貨覇権を握っていることは、何兆円もの経済援助をはるかに上回る効果があるのよ

もしリブラが世界に普及した場合自国通貨とリブラの二本立てで金融システムを構築する新興国が出てきても不思議ではない。こうした新興国は、リブラを交渉材料に、ドル覇権を狙う米国と人民元覇権を狙う中国を上手くてんびんにかけ、双方から好条件を引き出そうとするはずよ。

つまりリブラという暗号通貨は、これまで構築してきたドル覇権を脅かす存在であり、そのドル覇権に対して挑戦状を叩きつけている中国にとっても、それは同じことなの☝️

中国は発行を計画している人民元のデジタル通貨を用いて国際的な人民元の普及を目論んでいるわ。表面上はリブラとは対立関係にあるけど、この世界は「蛇の道は蛇」であり、リブラとデジタル人民元が共存することも十分にあり得るし、米国政府が水面下でフェイスブックとの交渉を進めている可能性も否定できないわ

 

 

今回の記事はいかがでしたか?
よければ金ちゃんのYouTubeやTwitterもフォローしてね😉

 
今一番おススメの取引所のBYBIT(バイビット)。現在ビットコインFXで世界第2位の取引所です。こちらから開設して入金すると60ドル相当のボーナスがもらえますよ😉‼️