カルダノ(エイダ、ADA)の特徴と将来性、ADAは上がるの?

いまや非常に有名なイーサリアムなど長年にわたり暗号通貨の開発に携わってきたチャールズ・ホスキンソン氏によって開発されたのがCardano(カルダノ)という仮想通貨です。今回は別名ADA(エイダ)コインとも呼ばれるこの仮想通貨についてご紹介していきます。



カルダノ(ADA)の特徴

カルダノ(ADA)の特徴についてまずご紹介していきます。ADAコインはプログラムが全ての人に解放されているオープンソースと呼ばれる分散型の公開ブロックチェーンと暗号化のためのプロジェクトであり、完全オープンソースのプラットフォーム上で開発された仮想通貨です。つまり、開発プログラムを閲覧自由にしているために誰でも開発にタッチできるという特徴をもっています。

この通貨の開発にはイーサリアムやビットシェアーズの開発に携わった暗号通貨の第一人者とも言える天才数学者のチャールズ・ホスキンソン氏が関わっています。そのためにADAには大きな期待が寄せられ、ICO(通貨公開)でも約60億円相当の資金調達に成功しています。

ADAコインですが、その目的はブロックチェーンを利用したカジノやオンラインゲームのプラットフォームであるカルダノでの利用を想定して開発されてきました。カルダノというプラットフォームは、オンラインカジノなどで胴元が不正を働くことでカジノの参加者に損害が及ばないようにするために、オンラインカジノに透明性をもたらすことを念頭に開発されています。

さらにカルダノプラットフォームやADAコインはその普及によって、身分証明できないために銀行口座を持つことができない約30億の人達のために、財布代わりに利用できるようになることを念頭に開発されています。このようなプロジェクトはこれまで「カルダノ財団」の他、「IOHK」や「Emurgo」という3つの団体により推進されてきています。

ADAコインはすでにご紹介したようにイーサリアム同様のスマートコントラクトが利用できるために、Plutusと呼ばれるガバナンスや税金などの契約内容を取りまとめる機能を備えています。

また、ADAコインはPOS(Proof of Stake)を採用しているために、自動でマイニングがおこなわれ、報酬を受け取ることが可能な仕組みが構築されています。そのために従来のビットコインのようにマイニングにとてつもない電力を消費する必要がなく、さらに決済スピードが速いという長所も持ち合わせています。

尚、ADAコインを利用したり、保管する際には専用ウォレットである「ダイダロス」が必要になります。このダイダロスウォレットは、その高いセキュリティが特長となっている一方、ビットコインなど他の仮想通貨のウォレットとしても対応してくれるというメリットがあります。

カルダノ(ADA)の将来性や今後について

ADAコインのプロジェクトによれば、将来的には街中にあるATMでも引き出せるように計画がされています。日本国内においては5か所のATM設置に始まり、最終的には20か所以上の設置を計画しています。

さらにADAコインのデビットカードを用意して、それで買い物や公共料金などの支払に対応できるようにする計画もあります。このようにADAコインは他の仮想通貨よりも投資対象としての魅力だけでなく、実用性においても将来的なポテンシャルが非常に高い通貨と言えます。

まとめ

ご紹介したようにADAコインは非常に高い将来性と実用性を秘めています。ATM設置やデビッドカード発行など将来のプロジェクトの進捗に従ってその価値も上昇することが期待できます。

ADAコインは海外の取引所でしか購入できないため、もし購入したい方は手数料が安くて便利なバイナンスなどで購入することをおススメします。

エイダコインを購入するなら世界最大級の仮想通貨取引所、バイナンスがおススメです。バイナンスはADA以外にもTRX、NEO、ADXなど今話題の通貨を扱っています。バイナンスの口座開設はこちらからどうぞ。

口座開設の際はグーグルクロームなどインターネットエクスプローラー以外のブラウザを利用して下さい。インターネットエクスプローラーだと画面が正常に表示されない場合があります。

バイナンス(Binance)の公式ホームページ

バイナンスのHP

BINANCE HP

(Visited 92 times, 1 visits today)