RGT(ラリガバナンストークン)の特徴・将来性と購入出来る取引所

仮想通貨市場の拡大につれてDeFi(分散型金融)プラットフォームも増えています。そのうちの一つが、2021年以降に価格高騰を続けているトークン「RGT」を取り扱うDeFiプロトコルである「RariCapital」です。

今回はRariCapitalおよびRGT(ラリ・ガバナンストークン)について解説します。

 

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト

 

◯DeFiプロトコル「RariCapital」で使用されるRar iGovernance Token(RGT)

 

出典:RariCapital

Rar iGovernance Token(RGT)とは、「RariCapital」で利用される独自トークンです。そしてRariCapitalとは、ユーザー同士で資産を貸し借りできるDeFiプロトコル。

RGTは2021年9月にコインベース、11月にバイナンスに上場したばかりの新しい銘柄ですが、コミュニティメンバーは1万人以上であり、大手セキュリティ会社Quantstampから定期的な監査レポートを受け取っているため、今後期待できるDeFiプロジェクトの一つです。

 

◯RariCapitalのサービス内容

RariCapitalで提供しているサービスは下記の4つ。

1.ヒューズ
2.イールドアグリゲーター
3.プール2
4.トランシェ

それぞれ解説しましょう。

1.ヒューズ

ヒューズではユーザー同士で仮想通貨の貸し借りが可能です。貸し手が得られる報酬は、借り手の支払う利率の10%。ただし一部のプールではガバナンス投票によって利率が変動します。

2.イールドアグリゲーター

イールドアグリゲーターとは、預けた資金を最も利率の高いところに投資し、運用効率を自動的に高めてくれるサービスのことです。

主にイーサリアムベースでの資産が預け先となり、ユーザーはUSDC・DAI・ETHから対象のプール先を選択できます。

3.プール2

プール2ではRGTとETHを使用した流動性マイニングをします。SushiSwapに通貨ペアを提供し、「SLPトークン」と呼ばれる資産を獲得し、それをステーキングするとRGTを得ることが可能。

RGTトークンを増やしてさらにETHと共に再投資すれば、効率的に資産を増やすことを狙えます。

H3 4.トランシェ

トランシェでは、対象のプールに仮想通貨を預けることで利率と「SFIトークン」を獲得できます。SFIトークンは流動性マイニングで活用できるトークンです。

 

◯RGTの値動き

RGTはRariCapital内で使用される独自トークンで、ガバナンストークンとしての役割も持ちます。

値動きは下記の通り。

出典:Coinmarketcap|RGT

RGTトークンは2020年頃には低価格で推移していますが、2021年以降からは値上がりしています。

仮想通貨市場全体の値動きに連動する形で、4~5月まで上昇し、それ以降に一度下落。そして7月以降から徐々に値上がりし、11月には最高値を更新しています。

今後、他の取引所での上場が決まれば、さらに値上がりするかもしれません。

 

◯RGTトークンはバイナンスで取引可能

RGTトークンはバイナンスにも上場しており、RGT/BTC、RGT/BNB、RGT/BUSD、およびRGT/USDTの通貨ペアで取引可能。

他にもバイナンスでは様々な銘柄を取り扱っており、IEOやDeFiサービス、そしてNFTプラットフォームも提供しています。仮想通貨投資をしていて、まだバイナンスに登録していない方は、ぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

下のリンクからバイナンスに登録すると手数料が20%割引になります。これ以上お得なリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 18 times, 9 visits today)