Flow(フロウ)、IEOから価格は一時100倍強‼ついにバイナンス上場

海外の仮想通貨取引所のバイナンスは7月30日、新たに仮想通貨「Flow(フロウ)」を上場しました。

Flowのブロックチェーンはアプリケーションやゲームなどの開発に使用可能。最近話題のNFT市場にも参入しており、プロバスケットリーグ「NBA」の動画をトークン化しているのです。

この記事では、Flowのブロックチェーンの特徴や、仮想通貨Flowの値動きについて解説しましょう。

手数料20%割引 バイナンス(BINANCE)公式サイト

 

〇Flow(フロウ)とは?概要を説明

出典:Flow

Flowは消費者向けに開発されたブロックチェーンであり、主にアプリケーションやゲーム開発に使用されています。

開発者は、イーサリアムのブロックチェーンゲームである「クリプトキティ」をリリースした「DapperLabs」。

そこで使用される仮想通貨Flowは手数料の支払いやユーティリティトークン・ステーキング・ガバナンストークンとしての役割を持ちます。

 

〇Flowのブロックチェーンの特徴を解説

 

それではFlowのブロックチェーンはどのような特徴があるのでしょうか。その特徴を3つ解説しましょう。

○簡単なプログラミング言語を使用している

Flowで用いる「Cadence」は簡単なプログラミング言語であるため、誰でもプロジェクトに参入しやすい特徴があります。

イーサリアムで用いられるプログラミング言語は「Solidity」と呼ばれる独自のものであり、新規参入のハードルが高めですが、Flowは簡単な言語を使っているため参加しやすいのです。

○ノードの役割が分散されている

Flowのブロックチェーンに参加するノードは、その役割が下記の4つに分類されます。

・コンセンサスノード
・検証ノード
・実行ノード
・コレクションノード

従来のブロックチェーンでは、一つのノードが全ての役割を担っていましたが、Flowでは役割分担することで効率化アップを狙っているのです。

○NFT市場に参加している

Flowのブロックチェーンではゲームも開発されており、特にNFTゲームが活発です。

例えばプロバスケットリーグの「NBA」のハイライト動画をNFT化して販売する「NBA Top Shot」が代表的です。これにより世界中のバスケットファンをターゲットにNFT販売が可能になります。

他にもアメリカの総合格闘技「UFC」も同じようにゲーム化され、NFT化されたコンテンツを購入できるのです。

 

〇Flowの値動きをチャートで確認

 

話題のNFT市場にも参入しているFlowですが、その価格はどれほどでしょうか。チャートで確認してみましょう。


出典:CoinMarketCap|Flow

これまでのFlowの価格を全期間を対象にしてチェックしましたが、これまで大きく値動きしている様子は見られません。ただしバイナンスに上場した7月末以降、徐々に上昇し続けているのが分かります。

今後もどこかで上場が決定したり、他のスポーツチームのゲーム化・NFT化が進めば、価格はさらに上がるかもしれません。

 

〇Flowの購入はバイナンスがおすすめ

 

今回はFlowのブロックチェーンの特徴や、これまでの値動きについて考察しました。
これからFlowに投資を考えている方は、バイナンスで取引するのをオススメします。

バイナンスでは、FLOW/BTC、FLOW/BNB、FLOW/BUSD、FLOW/USDTの通貨ペアで取引可能。

Flow以外にも、今話題のNFT関連・DeFi関連の銘柄を取引できるので、まだバイナンスで取引したことの無い方は、ぜひ口座開設しておくと良いでしょう。

下のリンクからバイナンスに登録すると手数料が20%割引になります。これ以上お得なリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 25 times, 6 visits today)