年内100万円か⁉イーサリアム高騰の要因と今後の展望

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに次いで時価総額の高い仮想通貨です。

ビットコインとは異なり、通貨のやり取りに加えて契約を自動執行できる「スマートコントラクト」の実装を目指しており、様々な分野での活躍が期待されています。

そんなイーサリアムは誕生から少しずつ価値を高めており、2021年5月には1ETH=40万円にまで達しました。

 

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

 

今回はイーサリアムの値動きと、高騰の原因について解説します。

 

〇イーサリアムの値動きについて

こちらはイーサリアムの月足チャートです。2018年1月にかけて上がり続けましたが、2018年・2019年は低価格で推移します。

ところが2020年から徐々に上昇し、2021年1月以降からは最高値更新する様子が見られ始めました。そして同年5月、1ETH=40万円を突破したのです。

 

〇イーサリアム価格高騰の理由とは

それでは何故イーサリアムは高騰したのでしょうか。

考えられる原因を3つ解説します。

①機関投資家の参入

2018年以前よりも、現在は機関投資家の数が増えています。その理由はSEC(米国証券取引委員会)によって、ビットコインとイーサリアムが証券として認められているためです。

ビットコインとイーサリアムは商品(コモディティ)と分類されて先物として取り扱われるようになったため、機関投資家から広く投資を受けられるようになりました。

実際にCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)では2月、イーサリアム先物が上場され、上場直後に出来高34億円に到達しています。

参考:COINPOST|CMEイーサリアム先物、初日から出来高34億円と活況

②DeFi市場の活発化

DeFiとは「分散型金融」のことであり、ブロックチェーンを利用した金融サービスを指します。DeFiで主に利用されるのは、イーサリアムのブロックチェーン。したがってDeFiが普及すれば、それだけイーサリアムの利用者も増えるのです。

DeFiサービスの増加に伴い、イーサリアムの需要は高まり、価格高騰につながったと考えられます。

③NFT市場の活発化

NFTとは「非代替性トークン」のことであり、ブロックチェーン上に発行されるデジタル資産。ゲーム市場や芸術といった分野で使われるケースが多く、主にイーサリアムのブロックチェーンで発行されます。

NFTは2021年以降に普及し始め、多くの有名人がNFTトークンを発行してオークションに出しているのです。今後さらに普及していけば、イーサリアムの価格は今まで以上に高騰するかもしれません。

 

〇イーサリアムの取引はバイナンスがお勧め

以上のように、イーサリアムは様々な分野で活用できます。今後も利用者が増えていけば、価値は上がっていくでしょう。

これからイーサリアムを取引する場合、海外取引所のバイナンスをお勧めします。バイナンスであれば多くの銘柄を取り扱っているため、DeFi銘柄や話題の仮想通貨を入手できるのです。

ぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。

下のリンクからバイナンスに登録すると手数料が20%割引になります。これ以上お得なリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

(Visited 35 times, 1 visits today)