利回り20%も!イーサリアム2.0のメリットと特徴

ライターのムルソーです。

いよいよイーサリアム2.0がスタートし、ETHのステーキングが可能となりました。

一定量のETHをステーキングすれば、誰もがバリデーターになれます。バリデーターになる大きなインセンティブは、やはりステーキング報酬でしょう。ステーキングにより得られる年利は5~20%。とても高利回りであると分かります。

この記事ではイーサリアム2.0のステーキングやメリット・デメリット、そしてステーキングの始め方について解説します。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

●イーサリアム2.0とステーキングについて

イーサリアム上では日々さまざまなアプリが開発され、利用者は増加し続けています。利用者が増えれば取引回数も増えるため、取引が円滑に行われるようにする必要があります。取引が遅延しないよう、高いスケーラビリティを確保しなければいけません。

スケーラビリティの問題を解決するためのアップデートが、「イーサリアム2.0」です。

イーサリアム2.0へのアップデートにより、イーサリアムの承認アルゴリズムはPoW(プルーフオブワーク)からPoS(プルーフオブステーク)に変更となりました。PoSでは、多くのETHを保有(ステーキング)する者がトランザクション承認できます。

そのためイーサリアム上でバリデーター(承認作業を行う者)になるためには、一定量のETHをステーキングする必要があるのです。

●9.62%の運用利率!? ステーキングのメリット・デメリット

ステーキングのメリットは、一定量のETHを預け入れるだけで報酬をもらえること。

受け取れるETHの量は、Ethereum Priceの「ETH 2 Calculator」で調べられます。

例えばイーサリアムファンデーションの「ローンチパッド」では、ステーキングに32ETH必要です。32ETHをステーキングした場合、どれほどのETHが受け取れるか調べてみましょう。

結果は以下の通り。

出典:ETH 2 Calculator

1年後には32ETHから35.05ETHに増えています。つまり年利9.55%で運用できるのです。

※バリデーター・ネットワーク設定は変更していません。

このようにステーキングは、資産を大きく増やすチャンスになるでしょう。

一方でデメリットは、一定期間ETHを引き出せない点です。イーサリアムは今後もアップデートを続けていく予定であり、それまでの1年半から2年の間、ETHを手元に戻せません。

その間にETHの価格が暴落しても、すぐに損切りできなくなる恐れがあるのです。

●ETHのステーキングはバイナンスがオススメ

ETHのステーキングをするなら、バイナンスがオススメです。バイナンスでは、2020年12月からETHのステーキングが可能となりました。

ステーキング参加に必要なETHは最小で0.0001ETH。利回りは5~20%とされています。

なおステーキングの報酬で受け取れるのは、BETHと呼ばれるトークンです。1ETH=1BETHの比率となっています。BETHは今後バイナンスで取引される予定ですので、ETHを始めとした、別の通貨に替えられるようになるでしょう。

今後も改良を続けていくイーサリアム。ETHの価格もさらに上がり続けるかもしれません。

ぜひバイナンスでステーキングに挑戦してみてはいかがでしょうか。バイナンス(BINANCE)は数多くの銘柄を取り扱っているだけではなく、DeFi(分散型金融)も取り入れており、最新技術のサービスを体験できます。

これを機に、ぜひ口座開設してみてはいかがでしょうか。下のリンクからバイナンスに登録すると手数料が20%割引になります。これ以上お得なリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

【参考リンク】

イーサリアム2.0、ステーキングのリスクと報酬


https://hedge.guide/news/eth-staking-pos-bc202005.html

イーサリアム2.0のステーキングのやり方手順を解説!32ETHをステーキングすべき?

(Visited 460 times, 9 visits today)