ビットポイント(BITPoint)の手数料、取扱通貨、スプレッドなどサービス特徴

ビットポイント(BITPoint)は株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。

東証2部に上場するリミックスポイントの100%子会社。特別顧問に元金融庁長官の日野正晴氏、代表取締役COO兼CTOに元楽天証券の原田勉氏を招いているなど、金融部門に強い会社です。

ビットポイントジャパン会社概要

商号 株式会社ビットポイントジャパン
商号英文表示 BITPoint Japan Co., Ltd.
仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00009号
貸金業者登録番号 東京都知事(1) 第31660号
代表者 代表取締役社長 小田 玄紀
本店所在地 東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー36階
設立日 2016年3月3日
資本金 44億3,000万円(資本準備金含む)
主要株主 株式会社リミックスポイント
加入協会 一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会、日本貸金業協会

ビットポイントの仮想通貨サービスの特徴

ビットポイントの特徴は主要アルトコインの4つ(BTC、ETH、LTC、XRP)の取引所取引が対応。ビットコインはレバレッジ取引、MT4でのFX取引が対応していることです。

また、カスタマーサポートがどこも悪いという仮想通貨取引所において、唯一の電話対応を行っています。2017年末に話を聞いた時には、5名以上の電話対応スタッフがいたようですが、ほぼ休みなく掛かってくるほどの忙しさだとか。

また、ビットコインの受金の承認を3認証(通常は6ブロック認証)にしているため、送金した際の受け取りが早く、さらに送金手数料が無料。

セキュリティレベルは非常に高く、CTOの原田氏いわく、ウォームウォレットというホットウォレットとコールドウォレットの間のウォレットを開発し特許出願できるほどだといいます。

取扱通貨

現物取引

通貨ペア カレンシーコード サービス開始日
ビットコイン/円 BTC/JPY 2016年7月23日
ビットコイン/米ドル BTC/USD 2016年9月27日
ビットコイン/ユーロ BTC/EUR 2016年9月27日
ビットコイン/香港ドル BTC/HKD 2017年5月29日
ビットコインキャッシュ/円 BCH/JPY 2017年8月27日
イーサリアム/円 ETH/JPY 2016年7月23日
ライトコイン/円 LTC/JPY 2018年1月13日
リップル/円 XRP/JPY 2018年2月18日

取引単位 ビットコイン(BTC) 0.0001BTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 0.0001BCH
イーサリアム(ETH) 0.0001ETH
ライトコイン(LTC) 0.01LTC
リップル(XRP) 0.01XRP
1注文あたりの上限値 ビットコイン(BTC) 30BTC
ビットコインキャッシュ(BCH) 20BCH
イーサリアム(ETH) 100ETH
ライトコイン(LTC) 500LTC
リップル(XRP) 30,000XRP

レバレッジ取引

通貨ペア カレンシーコード レバレッジコース
ビットコイン/円 BTC/JPY 2倍・5倍・10倍・25倍
注文単位 0.01BTC
1注文あたりの上限値 100BTC
但し成行(逆指値を含む)の新規注文は30BTC
建玉制限(上限値) 500BTC
両建て 可能

ビットポイントFX

通貨ペア カレンシーコード レバレッジコース
ビットコイン/円 BTC/JPY 2倍・5倍・10倍・25倍
ビットコイン/米ドル BTC/USD 2倍・5倍・10倍・25倍
ビットコイン/ユーロ BTC/EUR 2倍・5倍・10倍・25倍
ビットコイン/香港ドル BTC/HKD 2倍・5倍・10倍・25倍
注文単位 0.01BTC
1注文あたりの上限値 10BTC
建玉制限(上限値) 300BTC
両建て 可能

手数料、スプレッド

口座管理料

項目 手数料
口座開設手数料 無料
口座管理料 無料

取引手数料

項目 手数料
現物取引 無料
レバレッジ取引 無料
ビットポイントFX取引 無料

入出金手数料

項目 手数料
法定通貨(JPY)即時入金サービス 無料
法定通貨(JPY)入金 顧客負担
(振込手数料実費分)
法定通貨(JPY)出金 顧客負担
(振込手数料実費分)

送受金手数料

項目 手数料
仮想通貨受金(預入) 無料
仮想通貨送金(送付) 無料

取引ツール

BITPoint ADVANCE ~ ビットポイントWEB取引ツール

一画面内でチャート/板情報、発注管理までの操作可能な取引ツール

BITPointAdvanceは、チャートや板情報などの価格情報、注文・ポジション情報、資産管理機能などを一画面にしたオールインワンの取引ツール。

また、現物取引とレバレッジ取引の双方に対応し、アプリインストールの必要がなくログインすればすぐに利用可能です。

チャート分析の際のテクニカル指標が乏しいのが残念ですが、超短期売買でガツガツ取引する人を除けば、満足して利用できる取引ツールです。

BITPoint Lite ~ ビットポイント現物取引ツール

スマホから簡単に現物取引と資産のチェックが可能

BITPoint Liteは仮想通貨の現物取引が可能です。

白とワインレッドを基調とした見やすく使いやすいアプリです。

送金

ビットポイントの仮想通貨送金は、無料となっていますが、これはマイナーに支払う手数料が別ではなく、送金そのものが無料となっています。

通常、ビットコインの送金であれば、bitFlyerは0.0004BTCほど掛かりますが、ビットポイントは無料なのです。さらに送金、受金の対応が早いのか、過去に筆者が利用した限りではネットワーク混雑時でも快適な送金ができました。

セキュリティレベル

セキュリティ対策は証券会社以上と担当者が話されていました。

顧客の情報資産管理の適切性を確保するため、「組織的」、「人的」、「技術的」を踏まえた「情報セキュリティポリシー」を策定。情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築して情報セキュリティの維持、向上に取り組んでいます。

代表取締役社長の小田氏が情報セキュリティの最高責任者として「情報セキュリティ委員会」を発足し、その委員長として情報セキュリティを統括管掌する取締役を任命。情報セキュリティ委員会の事務局ならびにサイバー対策を講じる責任部署を「システム管理部」とし、情報漏洩防止に最大限の施策を講じることに加え、仮に情報が漏洩した場合であっても、独自のアルゴリズムと管理態勢において第三者が漏洩情報を解読することが不可能な対策(ウォレットキーの暗号化によるウォームウォレット化)を行っているそうです。

さらに、ホワイトハッカーによるペネトレーションを含む各対策の定期的な点検及び監査法人による定期的な外部システム監査を実施し、継続的に施策の改善・見直しを図っております。

また、不正アクセスや不正な情報持ち出し等の異常時にはアラートが出力され、即座に異常を検知できる24時間365日の監視体制を取っております。

情報、セミナー

ビットポイントは毎週『BITPoint Weekly Market View』として取扱い通貨の投資レポートを配信しています。

FXトレーダーであり、仮想通貨の投資を2015年から行っているひろぴーさんがファンダメンタルズ&テクニカル分析を行っています。

また、セミナーを最大数行っている取引所であり、仙台、名古屋、大阪、広島、博多などの地方都市で数ヶ月おきに開催しています。

(Visited 71 times, 1 visits today)

この記事を書いた人

くみちょー
くみちょー
FX歴2009年~、株歴2015年~。その他、CFD、商品、オプション、仮想通貨まで幅広く取引しています。金融メディア勤務で数多くの個人投資家ネットワークに参加。機関投資家から億トレまで、多くの投資家から得た知識を展開していきます。