70万円割れ!盛り上がらない仮想通貨!

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円

こんにちは。国府勇太です。

今週(9月10日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。
初心者の方にもわかりやすく解説していくのでよろしくお願いします。

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

◇ビットコイン(BTC/JPY)日足チャート

先週を一言で表すと「上昇トレンド終了!70万円割れ!」です。

3日(月)809,747円でスタートしたビットコイン円。
週明けはほとんど動きなく、4日(火)には小幅高。

8月14日からの上昇トレンドの流れが続くような動きを見せましたが、5日(水)に急変。
アメリカのゴールドマン・サックス・グループが仮想通貨取引デスク開設の計画を当面棚上げしたと報じられたというニュースもあり、急落。
80万円を割れ、安値74万円をつけました。

その後、6日(木)、7日(金)、8日(土)と続いて続落。
とうとう70万円を割って、安値689,333円をつけてしまいました。

週末9日(日)には小反発し、結局691,935円で週末クローズ。

1ヶ月近く続いた上昇トレンドも終焉を迎え、ますます盛り上がらないマーケットとなっています。

今週の見通し(9/10~9/16)

ここで長期的な流れをチェックしておきましょう。

そこでSMA(単純移動平均線)をプロットしてみます。

シンプルに、過去200日分のデータをつかって1本の線(200SMAといいます)を引いてみます。
これで、長期的な流れを見ることができます

SMAのラインの向きがマーケットの向きです。
下向きなので、下落傾向にあります。

2度反落しているポイントがあり、このラインがレジスタンスラインとなっています。
このラインと節目の70万円ちょうどがテクニカル的に重要なポイントです。

過去を見てもこの70万円ラインは「割安」なのですが、油断は禁物です。
このラインをしっかり割り、直近安値の644,000円を割るといよいよ危険水域です。
こういった場合マーケットはどこまで下がるかわかりません。

危険な匂いがするマーケットです。

ビットコイン投資はリターンも大きいですが、リスクも大きいです。
大切な資産を回してまで無理をするトレードは決して行わないで下さい。

今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

参考:ビットコイン/円(BTC/JPY) レート&チャート

【PR】口座開設するだけでトークンがもらえるノーリスクキャンペーンをZaifが開始!

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。
また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。
これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。
投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(Visited 524 times, 24 visits today)