みんなビックリ急展開!軟調から一気に85万円タッチ!

現役ディーラーが語る!今週のビットコイン円

こんにちは。国府勇太です。

今週(7月16日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。
初心者の方にもわかりやすく解説していくのでよろしくお願いします。

では、さっそく先週までの日足チャートを見てみましょう。

◇ビットコイン(BTC/JPY)日足チャート

先週を一言で表すと「軟調!70万円割れ」です。

7月9日(月)に738,100円でスタートしたビットコイン円。
10日(火)には重要ラインの70万円まで大きく下落し、安値696,777円にタッチしました。

その後も展開は軟調。

12日(木)にはさらに下落。685,130円と安値を更新しました。

その後週末は70万円前後で推移、結局713,100円で週末クローズしました。

と、ここまでは軟調のどんよりしたムードだったのですが、今週に入って状況が一変しました。16(月)、17(火)と、2営業日連続で大きな陽線をつけており、一気に高値854,710円までつけている急展開となっています。

今までの手詰まり感がウソのように急上昇しています。

重要ラインの70万円を割ったことでかえって、「底だ」と多くの投資家が感じ、さらに悪材料が出尽くされたことが要因と考えられます。

このような動きを「アク抜け」といい為替や個別株などでも見られる動きです。

今週の見通し(7/16~7/23)

ボリンジャーバンドをプロットしてみましょう。

ボリンジャーバンドとは、移動平均を表す線(略してMAといいます)と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことをいいます。
1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が考案した指標で、「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標のひとつです。

パラメータは±σ3です。

見ると、直近のレートが+3σ(プラス3シグマ)にタッチしています。
これは、一般的には「上昇しすぎ」のサインです。

「山高ければ谷深し」といいますが、行き過ぎた相場は「元に戻ろうとする力」が働くのが常です。
イケイケなムードに騙されず、反落を警戒して下さい。

スイング(数日)トレードであれば、ショートを推奨します。
反落の目安はMA(真ん中の点線)です。
(ちなみに、テクニカル的にはこのMAのラインが上述の「戻ろうとする元のライン」と考えます)

ただ、一度勢いにのると止められないのがビットコインです。
さらなる上昇にも警戒し、こういうときほど「儲けたい」という気持ちでエントリーするのではなく損失を常に考えてトレードして下さい。

そうしないと、大きく資産を減らしてあとで後悔することにもなりかねません。

では、今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

参考:ビットコイン/円(BTC/JPY) レート&チャート

【PR】口座開設するだけでトークンがもらえるノーリスクキャンペーンをZaifが開始!

※本記事の意見や予測は、筆者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨を行うものではありません。
投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。
また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。
これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。
投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(Visited 47 times, 1 visits today)

この記事を書いた人

国府勇太
ワイジェイFX株式会社 ディーリング部
1984年生まれ。慶應義塾大学卒。大学院時代にFXを知り個人投資家に。
その後、その魅力に取りつかれ、より極めたいとの思いからヤフーグループのYJFXに入社。現在ディーリング部にて主要通貨のディールを担当。
「マネーライフの課題解決」がモットーで、初心者にわかりやすい解説に定評がある。
現在ヤフー公式ブログ、FX攻略.comでもコラム連載中。