ビットコイン円の相場分析「今週とうとう45万円割れ。今後の見通しは?」

はじめまして。国府勇太と申します。

今週(9月11日の週)のビットコイン円の見通しを主にテクニカル面から分析していきます。 
初心者の方にもわかりやすく解説していくのでよろしくお願いします。

では、さっそく先週から今週までの日足チャートを見てみましょう。

先週を一言で表すと「下落!とうとう45万円割れ」です。

9月4日(月)に522,530円でスタートしたビットコイン円。
中国当局がICOは違法であると宣言したことにより、その後も大きく下げ5日には安値45万円まで下げました。

その後一旦反発し、50万円を一時超えるものの勢い続かず再び下落。
とうとう10日(日)には45万円を割ってしまいました。

ちなみにフィアット(ドル円)の動きは以下です。

今週も「あの国」北朝鮮に振り回された1週間でした。
とくに8日(金)、メキシコ地震と翌日の北朝鮮建国記念日を警戒した円買いで一時107.28円まで下げました。

結局、北朝鮮は週末大きな動きがなかったことから週明け窓を開けて上昇しています。

■今週の見通し

SMAを表示させてみましょう。
SMAとは単純移動平均線のことで、FXでもよく相場の流れを見るベーシックなテクニカル分析として使われています。

設定値は以下です。
短期線:21
長期線:105

注目ラインは45万円のラインです。

過去2度反発し、先週末も一時ヒゲで割れたもののその後は持ち直しています。
このラインをしっかり割れるなら均衡が崩れ、さらなる下げが予想されます。

ただ、長期の見通しはロングです。

今回の下げは、長期でバイ・アンド・ホールドを狙っている人にとってはチャンスが来るかもしれません。

少し遠いですが、45万円割れの次のテクニカル的なポイントは、SMA105の35万円です。
ここまで急落することがあればしっかり買いたいです。

では今週もリスク管理に気をつけてがんばりましょう。

・ビットコインの売買ならFXもできるbitFlyer!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
記載の内容は作成者の個人的見解であり、ワイジェイFX株式会社の見解ではありません。
また、記事の内容はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。
これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、作成者及び、ワイジェイFX株式会社は一切の責任を負いません。
投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断で行って下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(Visited 141 times, 1 visits today)