UNI(ウニ/ユニ)の特徴・購入出来る取引所を解説

こんにちは、ライターのムルソーです。

2020年、仮想通貨の市場ではDeFi(ディーファイ)が盛り上がっていますね。市場を盛り上げた銘柄のうちの1つは、Uniswap(ユニスワップ)が発行した独自トークン「UNI(ウニ/ユニ)」です。

スシトークンが話題になった後にUNIが上場したので、日本ではウニという名称で呼ばれています。UNIは草コイン投資家の間で話題になっていたため、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、UNIトークンの概要や目的、購入できる取引所について解説します。

 

 

手数料20%オフ、バイナンス公式サイトはこちら

 

〇分散型取引所UniswapがUNIを発行

分散型取引所Uniswap(ユニスワップ)は2020年9月、独自トークンである「UNI」を発行しました。

UniswapはDeFiのサービスを提供しており、9月までにUniswap上で流動性マイニングを利用していたユーザーや、取引したことのあるユーザーを対象に400UNIを配布しました。

UNIの発行上限は10億UNI。
Uniswap公式ブログによると、今後UNIは以下のように配布されます。

 

配布先 配分 配布量
Uniswapコミュニティメンバー 60.00% 600,000,000 UNI
チームメンバー 21.266% 212,660,000 UNI
投資家 18.044% 180,440,000 UNI
アドバイザー 0.69% 6,900,000 UNI

 

〇Uniswapと従来のDEXの違いとは

Uniswapは、従来のDEXに不足していたところを補った点で優れています。それまでのDEXは、プラットフォーム上に新規通貨ペアの流動性の提供が不可能でした。

また、新しい銘柄を上場させるのもDEX運営側のチェックを受ける必要があります。しかしUniswapでは、誰もが流動性の提供・新規銘柄の上場が可能です。

またUniswapは他のDEXと接続することで、そのDEXの流動性を共有できます。そのためUniswapを利用すれば、Uniswapと共有している他のDEXにあるトークンをやり取りできるのです。

 

〇UNIの値動きについて

このように従来のDEXには無かった強みを持つUniswapにより発行されたトークンが「UNI」です。

UNIのリリース直後の価格は3ドルほどでしたが、その2日後に8ドルまで値上がりしました。2020年12月現在、価格は落ち着いており、3~4ドルで推移しています。

今後、Uniswapの利用者増加やUNIの上場を開始する取引所が増えれば、値上がりする可能性はあるでしょう。

 

〇バイナンスでUNIの取引が可能

UniswapのUNI発行を受けて、取引所バイナンスがUNIの上場をしています。バイナンスもUniswapと同様にDEXを運営しており、今後もDeFi関連のサービス強化を狙っているようです。

バイナンスで取り扱われている通貨ペアはUNI/BTC、UNI/BNB、UNI/BUSD、UNI/USDT。

今後のUniswapやUNIの動きに期待する方は、ぜひバイナンスでUNIの取引をはじめてみるのをオススメします。

バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所です。スシやウニなどDeFi銘柄もたくさん上場しています。

下のリンクからバイナンスに登録すると手数料が20%引きになりお得です。これ以上割引率が高いリンクはないので、バイナンスに登録する際はこちらから登録して下さい。

手数料20%オフ、バイナンスの登録はこちら

【参考リンク】

https:/uniswap.org/blog/uni/

https:/baasinfo.net/?p=4183https://coinchoice.net/ethereum-defi-uniswap-uni-made-millionaire-just-a-day/

https:/hedge.guide/feature/uniswap-dex-changes-exchange-bc202007.htmlhttps://coinpost.jp/?p=183420

(Visited 91 times, 1 visits today)