Quoine(コイン)が新たなプラットフォームをリリース

お疲れ様です。サラリーマントレーダーのJohnです。

仮想通貨交換業者Quoine(コイン)がプラットフォームをリニューアルし、Liquid(リキッド)として新たなスタートを切りました。

Quoine(コイン)の新プラットフォーム

QUOINE株式会社(仮想通貨交換業者関東財務局長第00002号)は2018年9月5日、新たな仮想通貨取引所サービス「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の提供を開始しました。

※新サービス「Liquid」の提供に合せて従来運営していた「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」は「Liquid」へブランド変更されました。

Quoine(コイン)がLiquidで成し遂げいこと

Quoine(コイン)は取り扱い通貨ペアがが国内でも最多規模です。

そんな様々な法定通貨、仮想通貨銘柄に触れるQuoine(コイン)ですが、かねてより仮想通貨の流動性について課題感を強く感じていました。

その課題感に向き合うための第一歩がこの新たな取引プラットフォームのLiquid(リキッド)です。

「Liquid」の中核である「ワールドブック」は、これまでQuoine(コイン)が取り扱っていたBTC/JPY、BTC/USDなど建値通貨ペア毎の板にそれぞれ分かれていたユ ーザーの注文をリアルタイムで自動的に通貨換算し、通貨ペア毎に異なっている流動性を束ねて単一のオーダーブックに統合する働きを持ちます。

この「ワールドブック」は、顧客が「Liquid」上でおこなう注文を統合した「内部オーダーブック」と、世界中でQuoine(コイン)と繋がっているパートナーの取引所や投資家(ワールドブック・パートナーズ)の注文を集約した「外部集約オーダー ブック」から構成されています。

今回、「Liquid」における新サービス提供の第一段として「内部オーダーブック」にBTC、ETH、BCH、QASHと法定通貨との通貨ペアのみ対応を開始しました。

今後は流動性の提供を行うことで、投資家にとってはより一層取引収益を上げやすい環境が整うかも知れませんね。

国内でQASH(キャッシュ)が取引できるのはQuoine(コイン)だけ

QASH(キャッシュ)はQUOINE(コイン)が発行しているトークンです。

QASH(キャッシュ)は2018年11月に行われたICOで発売されました。

僅か数日間という期間ではありましたが、日本円に換算して100憶絵に上を調達した最大級のICOとなりました。

現在は新たなプロジェクトリリースがないため、価格は停滞していますが、今後のプロジェクト次第では価格の高騰が起こる可能性はあります。

それに備えて安い今のうちに少額からでも購入して保有しておくのも手かもしれませんね。

QASH(キャッシュ)は国内の仮想通貨取引所では購入可能なのはQUOINE(コイン)だけです。

そのため、興味がある方は口座を開設しておくと良いでしょう。

※Quoine(コイン)にはコチラのバナーから無料で口座開設ができます!
シンガポール、日本、ベトナムにオフィスを構える世界最大級の取引所QUOINE!

以上です!

それではまた!

John

(Visited 62 times, 1 visits today)

この記事を書いた人

Jhon
兼業仮想通貨トレーダーのjohnです。仮想通貨との最初の出会いは2013年でした。当時はBitcoinとRippleを保有していました。現在はアルトコインも含め様々な仮想通貨を保有&物色中です。仮想通貨のほかにFXや株式、投資信託なども扱っています。よろしくお願いします。