ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴と将来性、買える取引所

仮想通貨の代表格であるビットコイン(BTC)から昨年の夏に分裂する形で誕生したのが、ビットコインキャッシュ(BCH)です。今回はそのビットコインキャッシュの特徴や将来性についてご紹介していきます。



ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュの名前の通り、ビットコインを由来とし、ビットコインからハードフォーク(分裂)することで2017年8月に誕生したのが、ビットコインキャッシュです。現在(2018年2月末)の時価総額は2.3兆円前後で推移し、仮想通貨全体では第4位と今や仮想通貨を代表する通貨の一つとして世界的に評価されています。

ビットコインキャッシュが誕生したそもそもの経緯ですが、ビットコインで懸念されていた「スケーラビリティー問題」を解決することでした。

この問題はビットコインの処理能力であるブロック容量である1MBという上限値が原因となっていました。この1MBという容量では、10分に1MB以下の取引を処理することしかできず、近年の利用者増加に対応できなくなっていました。その結果として、いわゆる「送金詰まり」や手数料高騰といった問題が起こり始めていました。

この問題解決のためにビットコインのコミュニティ内では、ブロック容量自体を大きくするか、取引情報データを圧縮して処理スピードを上げるSegWit(セグウィット)を導入するかで二分しました。結果的に内部分裂する形で前者のブロック容量上限を8MBに拡大する案を採用する形で誕生したのが、ビットコインキャッシュでした。

ビットコインキャッシュの特徴は前述のブロック容量の上限拡大による処理スピードがアップした点に加え、「リプレイプロテクション」を実装している点が挙げられます。

リプレイプロテクションとはリプレイアタックと呼ばれるサイバー攻撃からユーザーを守るためのものです。

リプレイアタックとはハードフォーク前後で2つの異なるブロックチェーンAとBに分裂したビットコインキャッシュに対して、悪意のある者が分裂前のブロックチェーンAから送金をおこない、それと同額の送金がブロックチェーンB上でも送金されたことになるという特性を利用して、二重で送金させてしまうという行為です。リプレイプロテクションによりこのような行為を未然に防ぐ機能を持っているのが、ビットコインキャッシュです。

他にもビットコインキャッシュにはマイニング時のアルゴリズムに特徴があります。ビットコインで採用されているNDAというアルゴリズムに対し、ビットコインキャッシュはEDAアルゴリズムが採用されています。これによりマイニングの難易度を下げ、結果的にマイニング時の電力消費量をも下げています。

ビットコインキャッシュを扱っている取引所

現在日本の取引所では多くの取引所でビットコインキャッシュを扱っていますが、板取引が出来る取引所は意外と少なめです。販売所形式だと手数料が高いので、板取引が出来る取引所を利用して下さい。以下板取引が出来る取引所で板が普通にある取引所です。

・ザイフ(Zaif)
・ビットポイント 
・QUOINEX(コイン)

日本の取引所でまともに板取引が出来る(2月末現在)のは上記の取引所になります。また海外の取引所だと世界最大の取引所のバイナンスがおススメです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の将来性や今後について

利用できる場所が少ないという問題が懸念されていたビットコインキャッシュでしたが、その後にビットコインのATMでも利用できるようになるなど、その問題は徐々にクリアになってきています。

相場環境にもよりますが、概ね100万円を超えているビットコインに比べると、その10分の1ほどで購入できて、特徴がとても似ているビットコインキャッシュは割安です。チャート上でもビットコインの高騰や下落にほぼ相関するような動きを見せていますので、ビットコインが高騰しすぎた場合にはビットコインキャッシュが買われて上昇することも期待できるでしょう。

まとめ

ビットコインと同じ性質を持ちながら、スケーラビリティー問題をクリアしつつ、安全面でも向上しているのが、ビットコインキャッシュです。

これまでどちらかというとあまり注目されてきませんでしたが、取り扱う取引所も増え、さらに利用価値も拡大するにつれて注目が集まってきました。ビットコインキャッシュは今後の動向に注目の通貨の一つと言えるでしょう。

ビットコインキャッシュを購入するならザイフ(Zaif)がおススメです。ザイフは板でビットコインキャッシュの取引が出来ます。ザイフの口座開設はこちらからどうぞ。

ビットコインキャッシュの取引をするなら世界最大級の仮想通貨取引所、バイナンスがおススメです。バイナンスはTRX、ADA、ADX、LISKなど今話題の通貨を扱っています。バイナンスの口座開設はこちらからどうぞ。

口座開設の際はグーグルクロームなどインターネットエクスプローラー以外のブラウザを利用して下さい。インターネットエクスプローラーだと画面が正常に表示されない場合があります。

バイナンス(Binance)の公式ホームページ

バイナンスのHP

BINANCE HP

(Visited 71 times, 1 visits today)