バイナンスコイン(BNB)レート&チャート、価格情報

バイナンスコイン/円(BNB/JPY)相場・チャート情報


レート取得元:bitFlyer

バイナンスコイン(BNB)の価格情報・時価総額

バイナンスコインの概要

単位 BNB
公開日 2017年8月1日
発行上限数 200,000,000BNB
システム ERC20
バイナンス公式サイト https://www.binance.com/

バイナンスコイン(BNB)は、取引高で世界一の仮想通貨取引所、BINANCEが発行している取引所トークン。発行総量は2億枚であり、流通量は2018年3月時点で1億とみられています。

バイナンスコインはERC20トークンの規格でつくられたもので、Ethereumのブロックチェーンを使用しています。

 

ICOを推進するバイナンスCEOのジャオ・チャンポン(趙長鵬、CZ)氏の方針にも、企業理念となる「我々は“全ての物”がトークン化できると信じています。」という信念にも、合致した仮想通貨となっています。

ホワイトペーパーによれば、各四半期において、収益の20%をバイナンスコイン(BNB)の買い戻しに充てることが記載されています。

厳密な仕組みとしては、4半期ごとにバイナンス取引所の利益の20%で、BNBを買い戻します。市場での供給量が減るため、BNBは希薄化。結果的に買い需要が高まり1枚あたりの価値が増えていく仕組みです。つまり、利益が増えるほど、BNB発行数が減少し1単位あたりの価値が上昇する仕組みになっていると言えます。

そして最終的にBinanceCoinの総量は、2億枚の半数である1億枚が買い戻しされる予定です。つまい発行量の半分まで減少します。バイナンス取引所の公式サイトを見ると、この買い戻しの実績が公表されています。

また、買い戻されたバイナンスコインは焼却(バーン)されるとも書かれています。2018年4月にはバイナンスコインの合計220万枚(30億円超相当)を焼却しました。

世界一の取引高となるバイナンス取引所の収益の20%が、バイナンスコイン(BNB)に投資されることから、ほかの仮想通貨とは違った大きな資金の流入があり、それにより断続的な買い需要が生まれると考えられています。

直近では2018年7月にBNBのバーンが予定されていますので、そこへ向けて価格上昇が期待できます。

(Visited 50 times, 1 visits today)

この記事を書いた人

くみちょー
くみちょー
FX歴2009年~、株歴2015年~。その他、CFD、商品、オプション、仮想通貨まで幅広く取引しています。金融メディア勤務で数多くの個人投資家ネットワークに参加。機関投資家から億トレまで、多くの投資家から得た知識を展開していきます。